写真でつづる流山の道 2012年07月

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山七福神(2)毘沙門天 福性寺 《平方》

流山七福神2番目は「福性寺」《平方》にある毘沙門天です。




powered by 地図Z


2010_0626_083537-DSC01277.jpg 
毘沙門天 福性寺
毘沙門天とは、四天王の一人で仏法をお守りする軍神です。梵語(ヴァイシュヴァナ)で法を説くところから多聞と訳され、全てを一切漏らさず聞くことの出来る大知恵者のことを意味します。七福神では戦いの神とされ正義の味方となってくれる善神です。
                流山市観光協会










2010_0626_083558-DSC01278.jpg 2011_1114_094747-DSC04759.jpg

2011_1114_094640-DSC04756.jpg 2011_1114_094523-DSC04752.jpg

2011_1114_094614-DSC04755.jpg 2011_1114_094836-DSC04760.jpg

2011_1114_094851-DSC04761.jpg DSC00158.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 07:18:32|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山七福神(1)弁財天;成顕寺 《駒木》

「写真でつづる流山の道」ブログは今日で1周年となりました。これまでに1900名ほどの方が見てくださってうれしいかぎりです。流山の道すべてを踏破したことが自信となり,目にしたものを画像の形で皆様にお見せできたことに満足しています。投稿回数257回,画像数2560枚になります。
1年前の第1ステージでは「道の表情」,第2ステージでは「流山新100か所めぐり」,第3ステージでは「TOP30」と「信仰の標(しるし)」,と進んできましたが,1周年の区切りとして「流山七福神」を紹介して,次の第4ステージ「人間の営み」を始めようかと考えています。これからも続きます,ご期待ください。



powered by 地図Z


2011_0415_131559-DSC02569.jpg 
弁財天 成顕寺
インドのサラスヴァティー河(聖なる水の流れ)の女神で,流れる水が土地に潤いを与え,食物を育て,人の生命を養い,すべてをはぐくむように,富と食と子孫をもたらす神です。また流れる水の音から妙音天とも呼ばれ,文芸や知恵を司る神でもあります。
                   流山市観光協会









2011_1226_094827-DSC05358.jpg 2011_1226_094955-DSC05363.jpg

2011_1226_094855-DSC05360.jpg 2011_1226_094908-DSC05361.jpg 

2012_0221_094906-DSC06481.jpg
  1. 2012/07/30(月) 07:41:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天神社移築 《後平井》

後平井にある「天神社」が移転しました。
「流山新100か所めぐりNo.55」でも2012年3月5日に紹介しましたが,その後から完成までを追いました。神社が新築移転するというのは珍しいことと思います。
現在TX沿線では大規模な道路建設と造成工事が展開されていて,すぐ近くにある「本妙寺」も道路にかかりそうです。愛染堂も移動しました。また流山市最南端にある木の「豊受神社」も移転したようです。今後目が離せません。
画像が多いですが一気に紹介します。


マーク①は以前あった場所,マーク②が移転後の場所。


powered by 地図Z


2010_0826_081442-DSC01744.jpg 2010_0826_081513-DSC01745.jpg
2010年8月26日に初めて訪れました。鳥居に掛かっていた額が,下の画像です。

2012_0201_093342-DSC06157.jpg 2012_0724_091545-DSC09052.jpg
跡地には石碑が残るだけです。

2011_1206_103622-DSC04952.jpg 2011_1206_103648-DSC04953.jpg
2011年12月,新築工事が始まっていました。

2012_0201_092750-DSC06153.jpg 2012_0201_092927-DSC06155.jpg
TXの高架が覆いかぶさるようです。

2012_0307_103250-DSC06684.jpg 2012_0401_105757-DSC07270.jpg

2012_0624_083732-DSC08595.jpg 2012_0624_083748-DSC08596.jpg
2012年6月,鳥居ができました。新しい額が光っています。解説板は前と同じです。

2012_0624_083845-DSC08600.jpg 2012_0624_083946-DSC08602.jpg
ご神体は仮殿で,新居を待っています。          工事中の拝殿から本殿を見ることができました。

2012_0624_083958-DSC08603.jpg 2012_0624_084526-DSC08613.jpg
木の香りが気持ちいいです。鈴もピカピカです。   TXの高架下から眺める神社というのも〝時代〟でしょうか。

2012_0711_092023-DSC08805.jpg 2012_0724_091000-DSC09038.jpg
2012年7月11日にはまだ仮殿がありましたが,24日にはなくなっていました。この間に引っ越しが行われたのでしょう。

2012_0724_091030-DSC09039.jpg 2012_0724_091039-DSC09040.jpg
新殿完成です。

2012_0724_091107-DSC09041.jpg 2012_0724_091131-DSC09042.jpg

2012_0724_091145-DSC09043.jpg 2012_0724_091204-DSC09044.jpg

2012_0724_091243-DSC09046.jpg 2012_0724_091306-DSC09047.jpg
本殿も賽銭箱も,全てがピカピカです。これが100年経つと,歴史をまとった重厚さがでてきます。“古いものには価値がある”のですが,なんでもできたてはピッカピカなのです。

2012_0724_091405-DSC09048.jpg 2012_0724_091434-DSC09049.jpg

2012_0724_091508-DSC09050.jpg 2012_0724_091527-DSC09051.jpg
石塔群は元のように据えられています。台座には『八木後平井村・前平井村』とあります。流山市にとって“八木”の地名は忘れてはいけません。今でもかなり広い範囲で“八木”の名前が使われています。

2012_0724_091637-DSC09054.jpg 2012_0724_091626-DSC09053.jpg 

2012_0724_091714-DSC09055.jpg 2012_0724_091744-DSC09056.jpg

2012_0724_091818-DSC09057.jpg 2012_0724_091925-DSC09058.jpg
真新しい神社の姿ですが,何か足りません・・・そうです,‘木(樹木)’がありません。鉄道のすぐ近くなので,以前のように高い木は植えられないでしょう。でもやっぱり神社には,冒頭の画像のように〝鎮守の森〟があるといいな,と思います。今後もときどき行ってみます。

  1. 2012/07/27(金) 08:01:18|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石塔 《長崎,谷,上貝塚》

市内には祠や石塔が無数にあります。それを全てまとめてみるのも価値あることでしょうが,当ブログとしてはそのサワリだけを紹介してきました。いったんここで〝信仰の標(しるし)〟としての祠や石塔の紹介は完了とします。また勉強して時機を見て他の画像をお見せできればいいなと思います。



powered by 地図Z


2011_0430_140504-DSC02699.jpg
マーク① 長崎2丁目の長崎保育園前にある庚申塔群。ポッカリ空いた空間に時間が止まっているようです。










2012_0710_085853-DSC08780.jpg 2012_0710_085906-DSC08781.jpg
マーク② 谷の道沿いにある青面金剛石造。後ろには廃屋が見えるが,祠なのかは不明。ちょっと近寄りがたい雰囲気がある。

2012_0710_091013-DSC08792.jpg 2012_0710_091023-DSC08793.jpg
マーク③ 上貝塚の道端で見つけた『女人構中』の石塔。珍しいと思う。どのような信仰心なのだろうか。

  1. 2012/07/26(木) 07:26:57|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠 《市野谷,野々下1丁目,古間木》

市野谷,野々下1丁目,古間木で見つけた3つの祠です。市野谷の祠は県道の脇にあって,ちょうどカーブしている所なので,車に気を付けましょう。あとの2つは林の中で,つい通り過ぎてしまう場所です。



powered by 地図Z


2012_0716_091801-DSC08893.jpg 2012_0716_091630-DSC08888.jpg

2012_0716_091718-DSC08889.jpg 2012_0716_091742-DSC08892.jpg
マーク①
県道を挟んで祠のある方が市野谷,反対側は野々下1丁目。石碑の文字が読めません!


2011_0311_140446-DSC02351.jpg 2012_0716_090922-DSC08885.jpg

2012_0716_091006-DSC08886.jpg 2012_0716_091023-DSC08887.jpg
マーク②
上の祠から南へ300mほどの所,林の中にあります。下の2枚は入り口を撮影したつもりなのですが,何の役にも立たないでしょうね。


2012_0711_090134-DSC08800.jpg 2012_0711_090212-DSC08802.jpg

2012_0711_085929-DSC08797.jpg 2012_0711_085953-DSC08798.jpg 

2012_0716_090831-DSC08882.jpg
マーク③
古間木と柴崎の境になる道路脇にあります。右側のお札には“稲荷”と読めるのですが,「100か所めぐり」配置図によれば弁財天のようです。
ここも林の中なので,反対側を見ながら歩いていたら見つかりません。車は全力で走ってきますのでくれぐれも跳ね飛ばされないように気を付けてください。













  1. 2012/07/25(水) 07:18:12|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠 《長崎,東深井,中野久木,思井,北,松ヶ丘》

道端だけでなく畑の中や,住宅に囲まれた所,などにある祠を巡ります。

地図1

powered by 地図Z

地図2

powered by 地図Z

③はズーット南へスクロールしてください。

2010_0502_094812-DSC00938.jpg 2010_0517_084224-DSC01008.jpg
長崎1丁目,お墓の坂の途中にある祠。地図1-①   流山街道沿い,東深井交差点近くに忘れられているような祠。地図1-②

DSC00546.jpg DSC00640.jpg
中野久木の円頓寺(左奥)前の畑の中にある祠。地図1-③   思井の県道沿いにある「薬師堂」の祠。地図1-④

2012_0709_090048-DSC08732.jpg 2012_0709_090107-DSC08733.jpg
北と上新宿新田の境に立つ石碑。『高龗神』(龗の字は〝雨かんむりに龍〟;レイと読むらしい)『大山祗神社』と彫られているが,意味は分かりません。今上落に合流する用水路の土手にひっそりと在る。その向こうには神社の鳥居が見える。石碑;地図2-①,稲荷;地図2-②

2012_0709_090219-DSC08734.jpg 2012_0709_090300-DSC08735.jpg

2012_0709_090353-DSC08738.jpg 2012_0709_090425-DSC08739.jpg
休耕田か荒地か,草を踏み分けて近づくと,『稲荷大明神』。比較的新しい。鳥居の後ろに彫られているであろう建立年を見落としてしまった。個人のものだと思う。


2012_0723_090938-DSC09020.jpg 2012_0723_090959-DSC09021.jpg
上下4枚の画像は,松ヶ丘2丁目(松ヶ丘5号公園)にある祠。高札に書かれてある文字は判読不可能。かろうじて『供養碑』であることがわかる。「100か所めぐり」の配置図では〝馬頭観音〟となっている。
以前は公園だったらしいが今では住宅地になっている。地図2-③

2012_0723_091021-DSC09022.jpg 2012_0723_091131-DSC09023.jpg


  1. 2012/07/24(火) 07:11:52|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠と社 《南》

流山市南にある祠と社を紹介します。どちらも個人の所有かもしれません。



powered by 地図Z


2012_0118_091933-DSC05794.jpg 2012_0118_092011-DSC05796.jpg

2011_0224_125555-DSC02289.jpg 2012_0118_091955-DSC05795.jpg
右の青い屋根の祠にある石碑は,流山市の「100か所めぐり」配置図には『五頭天王』となっているが,私には『牛頭天王社』と読めるのだが・・・『牛頭』は『ごず』と読むらしいので,ワープロ入力の際に変換を間違えたのかもしれないと推察します。
マーク①

2011_0224_125112-DSC02287.jpg 2012_0710_082531-DSC08771.jpg

2012_0710_082600-DSC08772.jpg 
マーク②
畑の中に建てられた社。額は入っていない。訪れるには冬のほうがよいでしょう。


















  1. 2012/07/23(月) 07:39:34|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠 《東深井》

東深井の流山街道沿いの祠を2か所紹介します。



powered by 地図Z


2012_0704_083037-DSC08674.jpg江戸川台駅から運河駅に通じる道沿いにある祠。マーク①
正面[南面]に塀が迫っていて撮影が困難。比較的立派な祠です。



2012_0704_083100-DSC08675.jpg



2012_0704_092229-DSC08687.jpg 2012_0704_092152-DSC08685.jpg












運河駅近くの流山街道沿いの道角に立つ「馬頭観音」
マーク②



2012_0704_092208-DSC08686.jpg 2012_0704_092324-DSC08688.jpg

  1. 2012/07/22(日) 07:33:08|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠 《中花輪》

中花輪バス停にある祠です。字名は‘下花輪’ですが,バス停名は‘中花輪’です。交通量の多い場所なので,背後に要注意。



powered by 地図Z


2012_0705_082132-DSC08713.jpg 2012_0705_082211-DSC08714.jpg

2012_0705_082217-DSC08715.jpg 2012_0705_082231-DSC08716.jpg

2012_0705_082318-DSC08719.jpg 2012_0705_082305-DSC08718.jpg
                                      『新四国八十八ヶ所第一番』まではなんとか
                                      読めるのだが,その下が・・・。


2012_0705_082257-DSC08717.jpg 
『天下泰平
 四国西国秩父坂東巡拝 
奉供養明治廿七八年為征清陸海軍戦死者菩提
 大日本国神社仏閣参拝 
萬民豊穣』















  1. 2012/07/21(土) 07:42:53|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祠 《西深井,東深井,西初石》

西深井小学校の脇にある「住吉大神」の石碑,西初石5丁目の野田線踏切近くにある祠,そして東深井「三角庵」墓地の前にある祠を紹介します。

地図面を適宜スクロールしてください。マークが3つあります。


powered by 地図Z


2011_1123_135412-DSC04842.jpg
「住吉大神」の石碑。背後の建物は西深井小学校校舎。
マーク①











2012_0228_091531-DSC06581.jpg 2012_0228_091551-DSC06582.jpg

2011_0625_074249-DSC03581.jpg 2011_0625_074259-DSC03582.jpg
東深井にある「三角庵」という墓地の前に石碑と祠がある。「東深井子どもの遊び場」の脇にある。
マーク②

DSC00341.jpg 2011_0907_084523-DSC03998.jpg
西初石5丁目の東武野田線の踏切近くにある祠。右の写真の右側,木立が茂る下にある。正面奥は踏切。
マーク③

  1. 2012/07/19(木) 07:35:01|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。