写真でつづる流山の道 2013年05月

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

川と橋(62)常磐道

『川と橋;常磐道』シリーズの最終回です。
流山市域の北東にある2つの橋を紹介します。




powered by 地図Z


2012_1101_094138-DSC09977.jpg 2012_1101_094406-DSC09978.jpg
マーク① 青田大橋」。バス停の名前にもなっています。
2012_1101_094438-DSC09979.jpg 2012_1101_094504-DSC09980.jpg

2012_1101_094846-DSC09982.jpg 2012_1101_094940-DSC09983.jpg
マーク② 青田北橋」。シリーズ最後の橋です。
どの橋も同じような防音壁があるので,画像を1枚だけ見せられてもどこの橋かわかりませんネ。


オマケの2枚。マーク③
地図をズーッと南へスクロールしてください。
JR常磐線をまたぐ歩道橋です。流山市域では,JRの線路を渡る歩行者・自転車専用の橋はここだけです。名都借の跨線橋は,改めて紹介します。

2012_0717_085520-DSC08895.jpg 2012_0717_085717-DSC08896.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/05/30(木) 07:30:56|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(61)常磐道

柏市域となる3本の橋は割愛して,流山市域を続けます。きょうは「青田南橋」と「青風橋」を見ましょう。



powered by 地図Z


2012_1101_093431-DSC09971.jpg 2012_1101_093436-DSC09972.jpg

2012_1101_093536-DSC09973.jpg
マーク①
青田南橋」と「青風橋」の間は「青風公園」です。










2012_1101_093926-DSC09976.jpg
マーク②
青風橋」。左手が「青風公園」。










2012_1101_093811-DSC09974.jpg 2012_1101_093900-DSC09975.jpg

  1. 2013/05/29(水) 08:00:14|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(60)常磐道

一気に4つの橋を紹介します。「東初石2号橋」「東初石3号橋」「東初石4号橋」「十余二橋」
300mほどの間に,〝ふたかけ公園〟をつなぎながら4つの橋があります。下を通る車からはただのトンネルです。




powered by 地図Z


2012_1101_090937-DSC09963.jpg 2012_1101_091101-DSC09964.jpg
マーク① 東初石2号橋」。右手は「わんぱく公園」

2012_1101_091159-DSC09966.jpg
マーク② 東初石3号橋」。
左手は「わんぱく公園」,右手は「ふれあい公園」











2012_1101_091906-DSC09968.jpg 2012_1101_091941-DSC09969.jpg
マーク③ 東初石4号橋」。右手は「いきいき公園」

2012_1101_092450-DSC09970.jpg
マーク④ 十余二橋」。左手が流山市,右手が柏市。市境になっている。
“十余二”は“とよふた”と読みます。面白い地名です。新田開墾地で開墾の順番を示すものらしい。「十余一(とよひと);白井市(しろいし)」・「十余二(とよふた);柏市」・「十余三(とよみ);成田市大栄町」がある。
「豊四季(とよしき);柏市」は〝十余四〟だったものが佳字を使って表した...カモ...<勝手な類推です>







  1. 2013/05/28(火) 08:41:27|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(59)常磐道

常磐道に架かる橋「西初石橋」「日光街道大橋」「東初石1号橋」の三つを紹介します。



powered by 地図Z


2012_1101_085616-DSC09907.jpg 2012_1101_085950-DSC09908.jpg
マーク①西初石橋                        マーク② 日光街道大橋

2012_1101_090045-DSC09909 パノラマ写真
日光街道大橋」の様子。左右の防音壁の間が〝橋〟。中央には「日光橋公園」。
この道を日光社参の行列が通ったのだ...


2012_1101_090408-DSC09925.jpg 2012_1101_090529-DSC09937.jpg
東武野田線と交わる所。左の写真は線路を超える地下道。右の写真がマーク③東初石1号橋」。通行する車も人もほとんどいないが,高速道路と鉄道に分断されないように設置されている。

  1. 2013/05/24(金) 07:21:54|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(58)常磐道

金刀比羅橋」と「上新宿橋」を見ましょう。「金刀比羅橋(ことひらばし)」は近くにある金刀比羅神社に由来します。個人が祀った信仰の場所が一般の人たちへと広がっていったという経緯のある神社です。
「上新宿橋」はこの地域の字名です。何と読みますか?・・・「かみしんしゅく」です。この〝新宿〟の読み方は地名の話の際によく例を引かれるものです。あなたの近くの〝新宿〟は何と読みますか?




powered by 地図Z


2012_0705_085408-DSC08722.jpg 2012_0705_085435-DSC08723.jpg

2012_0705_085628-DSC08724.jpg 2012_0705_085653-DSC08725.jpg
左手に少し見えるのは〝ふたかけ公園〟の「こんぴら緑地」です。コトヒラかコンピラか,日本語は難しい!

  1. 2013/05/23(木) 07:40:42|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(57)常磐道

きょうは常磐道にかぶさる〝ふたかけ公園〟と橋を見ていきます。



powered by 地図Z


2012_0705_084807-DSC08720.jpg 2012_0705_084835-DSC08721.jpg
マーク① 「柴山橋」です。左手は若葉1号緑地,右手に見えるのは防音壁。この下を常磐道が通っています。

2012_1101_083356-DSC09905.jpg 2012_1101_084358-DSC09906.jpg
若葉1号緑地。若葉1号緑地と2号緑地の間を通る“守谷街道”。マーク② この部分も一応〝橋〟なのですが,まったくわかりません。

  1. 2013/05/21(火) 08:01:57|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(56)常磐道

常磐道を渡る橋の2本目「桐ケ谷橋」。
“桐ケ谷”はこの地域の字名です。近くにある「香取神社」はその昔「桐明神」といわれ,この付近の総鎮守でした。人々は桐の下駄を履かなかったということです。




powered by 地図Z


2012_0418_091918-DSC07701.jpg 2012_0418_091934-DSC07702.jpg

2012_1101_083130-DSC09904.jpg
マーク② これは,観光地図では橋があるように記されているが,何もない現場写真です。(当ブログの地図には正しく(橋がないように)記載されています)以前は作業用の橋だったのか,あるいはガス・水道管かもしれません。











  1. 2013/05/20(月) 07:49:09|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(55)常磐道

“川と橋”シリーズの最後は“高速道路”へ行きます。車の流れを水の流れとみなして,高速道路に架かる橋を紹介していきます。
 流山市域をほぼ東西に貫通する常磐高速道路ができたのは昭和60年(1985)1月。他にあまり例を見ない“半地下式”の高速道路です。トンネルを出たり入ったり,場所によっては網目から陽が差す変化のある道路です。防音壁と木々の植栽とのおかげで沿線の騒音はほとんど聞こえません。利用者としては,流山インターを出入りするだけで別途100円取られるのが残念です。
 橋の半分近くは〝ふたかけ公園〟(半地下式の地表部分を覆った公園緑地。その下がトンネルになっている。)です。公園で遊んでいる足元では時速100kmで車が走っていると思うと,ヘンな気持ちになります。
 まず第1号は,流山インターのすぐ東にある「三郷橋」から見ていきましょう。これは「みさとばし」と読むのでしょうが,近くの西栄寺の裏に「三郷坂」という坂があり,坂の方は「さんきょうのさが」と読むようです。江戸川の西にある埼玉県の“三郷市”(みさとし)と同じ名前の橋があるのは不思議です。意外と「さんきょうばし」なんて読むのでしょうか。日本語はむずかしい!!




powered by 地図Z


2012_1101_082348-DSC09901.jpg 2012_0724_083039-DSC09033.jpg
右手の林の下が常磐道。左右に流山街道が走ります。
2012_0724_083100-DSC09034.jpg DSC00528.jpg
道路そのもので,「橋」という印象はないです。橋の上から西を見た眺め。煙突は流山クリンセンターでこれが流山インターの目印になります。前方すぐには江戸川があります。

  1. 2013/05/19(日) 07:39:28|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(54)富士川・富士川3号橋

富士川が坂川に合流する直前の橋「富士川3号橋」です。
〝1号〟と〝2号〟はありません。突然〝3号〟の出現です。
坂川シリーズで紹介した「御體橋」(2013.4.23)や「幸田橋」(2013.4.25)の名板を覚えていますか。
この名板の文字が100年後には誰にも読めなくなるかもしれないのです。
以前の変体仮名や旧字体は生き残るのでしょうか。英語と算用数字が頻繁に使われたりして・・・
日本語の変遷を感じさせる橋・・・だと私には思えます。




powered by 地図Z


2012_1016_085531-DSC09654.jpg 2012_1016_085651-DSC09657.jpg

2012_1016_085712-DSC09658.jpg 2012_1016_085555-DSC09655.jpg

2012_1016_085613-DSC09656.jpg DSC00495.jpg
「御體橋」から東を見た,左から「坂川」,右手から「富士川」が合流する地点です。「富士川3号橋」は右手へ200m行った所です。

  1. 2013/05/17(金) 07:38:46|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と橋(53)富士川・葉ノ木橋

富士川3本目の橋「葉ノ木橋」です。なかなか趣のある名前です。命名の由来が知りたい!



powered by 地図Z


2012_1017_084500-DSC09763.jpg 2012_1017_084412-DSC09761.jpg

2012_1017_084353-DSC09760.jpg 2012_1017_084431-DSC09762.jpg

2012_1017_084516-DSC09764.jpg 2012_1017_084544-DSC09765.jpg
朝8:45頃は散歩の人が多いです。富士川に〝せせらぎ〟を感じさせる流れがあると良いのですが。
2012_1017_084602-DSC09766.jpg 2012_1017_084659-DSC09767.jpg

  1. 2013/05/16(木) 07:28:16|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ