写真でつづる流山の道 2014年03月

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

流山発見;本町街並み

「本町街並み」の最後となります。今後もまた違う角度からお見せできたらいいなと考えています。
きょうは道路狭窄部分の最も南に位置する「平和台駅入口」バス停近くのT字路を見てみます。


2014_0107_094015-DSC03468.jpg 2014_0107_094025-DSC03469.jpg
大型車とのすれ違いはできません。アウンの呼吸で・・・

2014_0107_094051-DSC03470.jpg 2014_0107_094202-DSC03472.jpg
まだ工事中でしたが,こんな具合に道路を狭めています。白っぽい細いポールが街灯のようです。
街灯設置のためだけならば他にも方法はあったと思うのですが...素人は・・・


2014_0107_094341-DSC03474.jpg 2014_0107_094446-DSC03476.jpg
少し南へ行くとT字路になります。信号待ちする車は路側帯にはみ出し,白線の意味はありません。
私も自分で運転してみて,こういう状況になりました。


2014_0107_094642-DSC03477.jpg 2014_0107_094701-DSC03478.jpg
江戸川堤防の中腹から見たところ。〝棒出し〟の形が見えます。

2014_0107_095016-DSC03482.jpg 2014_0107_095621-DSC03483.jpg
『この先折道幅狭し』と書いてありますが,車は『左折』できません!!車は直進か右折なのです!!
自転車用サイクリング道路が左側から合流しているのです。車を運転している人にとっては余計な神経を強いられます。


2014_0107_095647-DSC03484.jpg 2014_0107_095802-DSC03485.jpg
左の標識はヘンです。『左から合流あり。この先左折する部分の道幅が狭くなる』という意味でしょうが,車は左へは行けません!!・・・ソーカ!この標識は自転車専用なのか!?イヤイヤ違うぞ!?
〝直進する車は,いったんこの先で少し右にハンドルを切って,すぐさま左折せよ〟ということらしいです。〝棒出し〟部分でいったん右にはみ出るので,その先は〝左折〟になるということでしょうかねエェ...
右の画像は左の画像の反対側から見たものです。〝棒出し〟と,土手に上っていく自転車道が見えます。
「珍百景」に登録しようかな!(^^)!
規制と安全ということを考えさせられる場所です。ガードレールやこのような規制を強めれば,それだけ庶民はそれに頼って,危機回避等で判断する力を弱めてしまう,と思います。行政は『地域の安全を図るためには不便もやむなし』といったところでしょうか。先日も書きましたが,30年前のように一方通行にするのもアリ,と思えてきます。


スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 07:34:43|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

# 流山発見

  1. 2014/03/31(月) 06:33:01|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町街並み

本町通りの〝狭窄部〟を見ていきます。『街の景観と安全』を考えさせられます。

2014_0107_093442-DSC03455.jpg 2014_0107_093525-DSC03456.jpg
「福祉会館」と「見世蔵」の前,「清水屋」さんの前。歩道を広くし,ブロックを敷き詰めたような形状です。
しかし・・・車の通行を見ていると,すれ違う際に,白線を割り込む車が多いです。道幅が圧倒的に狭いのです!


2014_0107_093559-DSC03457.jpg 2014_0107_093621-DSC03458.jpg
少し南へ行った所,キッコーマン工場の裏手です。ここにも街灯を設置したための狭窄部があります。本町への入口に当たり,『この先気をつけろ』ということでしょうか。

2014_0107_093641-DSC03459.jpg 2014_0107_093711-DSC03462.jpg
この狭窄部では車はすれ違えません。アウンの呼吸で譲り合うことが求められています。

2014_0107_093740-DSC03463.jpg 2014_0107_093814-DSC03464.jpg
路面に『幅員減少』と書かれていますが・・・それより道路の上に横断幕で示す方が効果があると思います。
いま思い出しました。30年以上前,三郷方面から流山橋を渡ってすぐ左折して本町通りに行こうとするところは,当時は一方通行で,普通小型乗用車がやっと抜けられるくらいのコンクリート柱がありました。やはり本町に車を入れさせるのは好ましくないのでしょうか。



  1. 2014/03/30(日) 07:26:47|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町街並み

きょうは広小路から本町通りへ入っていきます。歩道と車道と車に注目してください。

2014_0107_091751-DSC03426.jpg 2014_0107_092005-DSC03431.jpg
まずは広小路に入る北側の歩道です。片側だけですが,きれいに色分けされていて歩きやすいです。
右画像:車から見ると右手の〝棒出し〟が気になります。自分が右折したいとき,対向車が気になります。しかしご安心を...3つの信号は独立して作動します。・・・とはいっても初めてここを通る車は,やっぱり不安になりますよね。


2014_0107_092727-DSC03441.jpg 2014_0107_092748-DSC03442.jpg
広小路から南へチョット行くと,歩道と車道の境にポールがあります。浅間神社前,丁字屋と蔵日和の前です。
なぜここが狭まっているのか・・・人が立ち止まるから・・・

2014_0107_092808-DSC03443.jpg 2014_0107_092849-DSC03444.jpg
・・・しかし実情は,そこに街灯の電柱ができたからではないかな・・・と思います。

2014_0107_093033-DSC03450.jpg 2014_0107_092932-DSC03446.jpg
通りの西側だけ広くしてあります。幅を狭めたのは街灯の電柱の場所です。

2014_0107_092955-DSC03448.jpg 2014_0107_093007-DSC03449.jpg
大型車は,狭まっている箇所ギリギリに通ります。当然スピードは落として...

2014_0107_093134-DSC03452.jpg 2014_0107_093219-DSC03453.jpg
車から見ると,この境のポールが見えにくいです。白か黄色が良いと思うのですが,あえて歩道と同じような色にしたのですね。。。

  1. 2014/03/29(土) 07:32:09|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町街並み

流山本町通りを両側見てきましたが,最近歩道が整備されました。車を運転する人にとってはあまり評判は良くないのですが,歩行者にとっては多少安心できるスペースができたといえるでしょう。
さまざまな場面を画像でお見せしますので,「街作り」の一つの形としてお考えください。
まずは広小路交差点の様子から...

2014_0107_092028-DSC03432.jpg 2014_0107_092116-DSC03433.jpg
歩道が広くなりました。観光客を見込んでの対応でしょうか。この交差点で歩行者が〝あふれる〟ようなことはないと思われます。治水工事として「棒出し(ぼうだし)」という手法があります。分岐する方の川幅を狭めて水の流量を減らし,本流の方へ多くを流す仕組みです。車の流れを制限することが主な要素なのかもしれません。
2014_0107_092201-DSC03434.jpg 2014_0107_092308-DSC03435.jpg
ここは三叉路です。今までは1回信号待ちをすればよかったのですが,3つの信号を独立させたため2倍の待ち時間となります。その分交差点内でのすれ違いがなくなりました。車でここを通るときは,「棒出し」のポールに十分気を付けてください。急ハンドルを余儀なくされます。
2014_0107_092423-DSC03437.jpg 2014_0107_092447-DSC03438.jpg
路面の赤茶色はスリップ防止ですが,本町通りの方にはありません。心理的に,手前の市役所前交差点へ誘導しているようです。本町通りの通行量を減らすためかも・・・現に江戸川を渡る流山橋を利用する場合,この本町通りは〝バイパス〟になります。流山市の北部から三郷・東京方面へ行く時の通常ルートです。
2014_0107_092516-DSC03439.jpg 2014_0107_092537-DSC03440.jpg
市役所方面から来ると,赤茶色の路面が右方向[北]へ誘導しているようです。反対から来る場合は,本町へ入らずに市役所方面へ行くように仕向けられそうです。
本町通りに車を入れないのは良いことかもしれませんが,通過する車から降ろして観光客を呼び込むには,この広小路近くに大きい駐車場がぜひ欲しいです。‘ツーリズム’として考えて見てはいかがでしょうか。


  1. 2014/03/28(金) 07:53:51|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町町並み

「本町街並み」巡りも再び広小路へ戻ってきました。一応これで‘一回り’とします。
2013_1212_095402-DSC03312 パノラマ写真
「広小路」から東を見たところ。奥に市役所前の「大坂」があり,右手の建物が「荒物商・元大坂屋」。

2013_1212_095450-DSC03314.jpg 2013_1212_095512-DSC03315.jpg
呉服店の「ましや」。ここにも瀟洒な‘蔵’があります。

2013_1212_095522-DSC03316.jpg 2013_1212_095530-DSC03317.jpg
昔の面影がなくなったお店や,‘面影’といっても‘昭和の面影’のような雰囲気です。

2013_1212_095548-DSC03318.jpg 2013_1212_095607-DSC03319.jpg
このあたりに「加村学校」が置かれたとか...隣は「高山せんべい屋」。

2013_1212_100946-DSC03320.jpg 2013_1212_101013-DSC03321.jpg
広小路から市役所の方へ行くところにある「ホッペ」と「千疋屋」。

2013_1212_101105-DSC03322 パノラマ写真
広小路を東から西を見たところ。「安田屋酒店」‘創業文政初年’だそうです。
2013_1212_101202-DSC03325 パノラマ写真
その先は,秋元家の倉庫と,味噌屋の老舗だった「美濃源」。今ではフツーの住宅。

  1. 2014/03/27(木) 07:31:39|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町町並み

「本町町並み」は「見世蔵」でUターンして,今度は通りの東側に沿って見ていきます。
2013_1212_094514-DSC03301.jpg 2013_1212_094623-DSC03302.jpg
フツーの住宅が並びます。小間物屋・米屋・八百屋などが並んでいたはずなのですが・・・

2013_1212_094708-DSC03303.jpg 2013_1212_094742-DSC03304.jpg
「常与寺」に近づきました。この辺に「役場」があったらしいです。

2013_1212_094816-DSC03305.jpg 2013_1212_094957-DSC03306.jpg
「荒物雑貨・元佐野屋」が朝日の陰になってしまいました。
右:流山駅が正面に見える,落ち着いた通りです。正面は‘飛地山(とびちやま)’現在の市役所のある‘山’です。


2013_1212_095030-DSC03308.jpg 2013_1212_095143-DSC03309.jpg
「浅間神社」近くです。右:何屋さんでしょうか?

2013_1212_095247-DSC03310.jpg 2013_1212_095311-DSC03311.jpg
寝具店の「笹屋」です。『万延元年創業,越後屋(今の三越)の仕立て屋ののれん分けで,三河屋の仕立てを請けていた』そうな,現在五代目。
すぐ先が広小路です。

  1. 2014/03/26(水) 07:48:45|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町町並み

「流山本町」街並みの南端の「見世蔵・寺田園」まで行きましょう。
2013_1212_094213-DSC03293 パノラマ写真
昔の面影はないですネー・・・

2013_1212_094306-DSC03297 パノラマ写真
「見世蔵・寺田園」まで来ました。隣は駐車場になっています。

2013_1212_094351-DSC03299.jpg 2013_1212_094406-DSC03300.jpg
「寺田園茶舗・見世蔵」といいます。普通は「見世蔵」で通ります。本町界隈のイベントの発信場所です。
万華鏡ギャラリーとなっていて,見事な万華鏡を見ることができます。隣は「流山福祉会館」。


2013_1212_094241-DSC03295.jpg
「見世蔵」近くのバス停「福祉会館入口」。
この路地にも名前が付いているようです。
・・・たしか「ヤツハシ横丁」だったかな。
明治の頃「八ツ橋米店」があったそうです。










2012_0505_090035-DSC08013.jpg
本町本通りの北の方にある建物を抜かしてしまいました。以下の3つを是非お見せしたかったのです。
本通り沿いにはまだこのような〝古民家〟が見られます。再生するにはいろいろ困難もあるでしょうが,お金をかけてでも残したい気がします。











2012_0505_090048-DSC08014.jpg 2012_0505_093711-DSC08051.jpg

  1. 2014/03/25(火) 07:32:11|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町町並み

「本町通り」を南に進んでいます。主に通りの西側を先に見ています。

2013_1212_093856-DSC03282 パノラマ写真
「流山本町界隈」とは思えないたたずまいです。昔はどのような風景だったのでしょうか。奥に江戸川の堤防が見えます。
2013_1212_093917-DSC03284 パノラマ写真

2013_1212_094034-DSC03288.jpg
以前紹介したお菓子の「清水屋」です。
このあたりで‘旧道’の感じはなくなります。
これより南は江戸川の土手が迫ってきて,古民家も少なくなります。











2013_1212_094117-DSC03289 パノラマ写真
旧道の町並みの南の端になる「小早川石材店」です。東福寺にある「阪川治水記」の石碑を刻んだのが‘小早川’とあるので,流山の石工として活躍しているのでしょう。

  1. 2014/03/24(月) 07:09:57|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;本町町並み

「本町通り」を北の広小路から歩き始めました。

2013_1212_092856-DSC03266 パノラマ写真
広小路から一歩入ると,重厚な瓦屋根が目を引きます。左側が「呉服新川屋」です。右のお店は未確認です。

2013_1212_093205-DSC03268.jpg
通りの東側の路地をのぞくと,土蔵の屋根が見えます。
左手にある寝具屋「創業万延元年・笹屋」の蔵だったのが,いまではギャラリー付のカフェになりました。












2013_1212_093400-DSC03269 パノラマ写真
左:元足袋屋,今イタリアンの「丁字屋」。右:元診療所,今パン屋の「蔵日和」。
2013_1212_093435-DSC03271 パノラマ写真
その左:元割烹料亭の「矢葉喜(やはぎ)」。撮影時は歩道の工事中でした。
2013_1212_093515-DSC03274 パノラマ写真
その隣は,新しい建物になっていますが,元はんこ屋「木村印舗」と,際物師の「旧大鹿屋」です。

2013_1212_093558-DSC03276.jpg 2013_1212_093607-DSC03277.jpg
今では大きなマンションになっていますが,昔は醤油を作っていた「紙平」こと浅見平兵衛の工場でした。敷地内には稲荷神社が祀られています。奥に江戸川の土手が見えます。
2013_1212_093700-DSC03278.jpg
ひょっと横を見ると小さな路地があります。こんど歩いてみます。
2013_1212_093705-DSC03279.jpg 2013_1212_093744-DSC03280.jpg
高いビルに見下ろされていますが,流山の発展を築いてきた家々が今も息づいています。

  1. 2014/03/23(日) 07:26:21|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ