写真でつづる流山の道 2014年11月

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;三本松古墳再々訪

流山新100か所めぐり84番「三本松古墳(三本松稲荷)」が移転しました!
先月の記事の続報です。


2014_1118_100111-DSC01592.jpg
三本松稲荷が「仮移設」されたとの案内が出ていました。・・・この日はチョット風が強くて掲示板が揺れていて...いいわけはそこまで。直線距離で70~80mほど南西に,道を挟んだ位置に「仮」移設されていました。

2014_1118_100206-DSC01594.jpg 2014_1118_100220-DSC01595.jpg2014_1118_100236-DSC01596.jpg
道が曲がるところに「道祖神」の祠があり,「お稲荷さんをこちらに移設しました」との看板がありました。
そこには広場らしき空間があり,その奥にお稲荷さまがありました。











2014_1118_100450-DSC01598.jpg 2014_1118_100657-DSC01600.jpg
もとの「古墳」の上は風が吹き渡るさら地になっていました。お稲荷さんは台座を残すのみ。
「古冢碑(こちょうひ)」だけが,ひとり踏ん張っていました。

この石碑には『村人が古墳から埋葬品を取って生活の足しにしようとの行いを諌めた渡辺庄左衛門三代の善行』が書かれています。
2014_1118_100705-DSC01601.jpg
以前はわからなかった〝前方後円墳〟らしき姿が認められますネ。

2014_1118_095707-DSC01591.jpg
近くにあった「ボーイスカウトの森」もバッサリ!門柱だけががんばっています。「緑と水と太陽の街」だったのに...
ものすごい勢いで造成工事が進行しています。「都心から一番近い森の街」・・・といわれている「市野谷の森」(おおたかの森)も,そのうちビルの谷間に隠れてしまうのでしょうか。


スポンサーサイト
  1. 2014/11/21(金) 08:55:06|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山発見;いしぶみ

再び「いしぶみ」です。
流山市西深井の道角にある庚申塔です。天明四年(1784)の造立です。
象徴である「三猿」が,台座の三面に分けて描かれているのが珍しく思いました。市内には他に3カ所ほどこのような形態の庚申塔があります。それ以外は全部正面の台座に三匹並んで描かれています。
2014_1107_105143-DSC06116.jpg 2014_1107_105133-DSC06115.jpg
左側面には「言わザル」,正面には「聞かザル」
2014_1107_105206-DSC06117.jpg 2014_1107_105217-DSC06118.jpg
右側面には「見ザル」,・・・そして全体像は右の画像です。

  1. 2014/11/10(月) 07:12:12|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。