写真でつづる流山の道 2017年07月

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

階段踏切!

久しぶりの投稿になります。いろいろ忙しくて...
みなさんは「階段踏切」と聞いてどういう風景を想像しますか?
「踏切に階段があるんです」と言えばわかりますか。
でも踏切に階段があったら車が通れないよね。
跨線橋や歩道橋ではなくて、「踏切」であることが新鮮なのです。まずは画像をご覧ください。
場所は、東武アーバンパークライン野田線(長い名前!)おおたかの森駅西口を降りたところ。
線路をまたいで北口と連絡する位置にあります。

ブログ2017_0707_094249-DSC09811
線路の高さから向こう側を見たところです。普通と何かが違う、と感じましたね。
そう、向こう側を歩いている人のヒザから下が消えています。こちらから行くと、ストンと向こう側に落ちてしまいそうです。

ブログ2017_0707_094322-DSC09812
自転車は乗ったまま通れます。

ブログ2017_0707_094024-DSC09805
これが「階段踏切」である動かぬ証拠。

ブログ2017_0707_093721-DSC09799
向かい側は再開発中で大きなビルができるのでしょう。でもこの踏切は自動車は通らないという計画のようです。

ブログおおたかの森駅;北口
その再開発の現場。さら地状態から撮影しているのですが、現在あわただしく基礎工事が進められています。

ブログおおたかの森;バスターミナル
西口のバスターミナルは、間もなく完成です。

というわけで、流山市では今「おおたかの森駅」周辺が生まれ変わろうとしています。
前回のブログで紹介した、流鉄の流山駅や平和台駅周辺の「本町界隈」に代って、流山のヘソとなりつつあります。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/08(土) 07:12:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0