写真でつづる流山の道 (13)東深井古墳群
FC2ブログ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

(13)東深井古墳群

「流山新100か所めぐり」第13番「東深井古墳群

“流山観光スポットTOP30”では「No.10:東深井地区公園」として選定されています。別名「東深井古墳の森


DSC03869.jpg 2010_0710_153113-DSC01370.jpg

2010_0710_153350-DSC01373.jpg 2010_0710_153546-DSC01375.jpg
右の写真にある“解説文”は,17号墳前に設置されているものですが,塗装の剥落が多く判読できないところがあったため,市立博物館に相談したところ,とても親切に原版との照合をしていただきました。ありがとうございました。次に示す“解説文”の転写は博物館のご努力に報いるためにも掲載させていただきます。もし文章に間違いがあったら,それは当方の責任です。

東深井古墳群について
 東深井古墳群が作られたのは、古墳と埴輪の研究により六世紀から七世紀の初め頃と考えられています。古墳時代の人々は、一族の首長や権力のあった人が死ぬと、多くの時間と労力を費して古墳を築きました。古墳は、死者への敬意と悲しみを表現した重要な遺跡です。
 古墳には、粘土で人・動物・家・武器などを形どった焼物がみられ、これを埴輪といいます。埴輪は、死者の供物として、また古墳を飾るために墳丘上や墳丘を囲むように立てられました。東深井古墳群では、発掘を行ったほとんどの古墳から見つかっています。なかでも七号墳からは珍しい魚とニワトリの埴輪が、また九号墳からは人物の埴輪が発見されました。このような埴輪の他に、円筒形の埴輪もあります。円筒形の埴輪は、墳丘の廻りに数多く立てられ、古墳が特別の場所であることを表したと考えられています。
 このような埋蔵文化財<古墳をはじめ貝塚や集落跡で使われた様々な道具など>は、私たちに過去のいろいろなことを語りかけてくれます。私たちの貴重な財産を大切に保存・活用し、後世の人々に継承していきましょう。
                                     流山市  流山市教育委員会』


「公園」の正面入り口(左)と裏口(右)
DSC00025.jpg DSC03866入り口

「公園」の外になりますが,焼却場入り口付近に湧水と思われる場所があります。30年以上前にはここより南に1kmほどの長さで小さな川があったと記憶しています。そしてここから北へ向かって「諏訪下川」という川が流れています。柏市との境を流れて運河に注いでいます。古墳時代はこの川が地域の〝はずれ〟に相当していたのでしょうか。
DSC03884.jpg 2011_0813_082530-DSC03885.jpg

公園内で確認できる古墳のうち7号墳から18号墳まで12基の古墳を紹介します。1号墳から6号墳までは,隣接する焼却場の敷地内にあるため確認できていません。調査後埋設してあるかもしれません。また19号墳は表示板が見つからず確認できていませんが,公園の遊歩道の外にあるようです。少し退屈かもしれませんが,記録に残す意味でおつきあいください。

7号墳                                    8号墳
2011_0813_075951-DSC038767号 DSC038788号

9号墳(前方後円墳とのことですが素人にはわかりません)   10号墳
2011_0813_080213-DSC038779号 2010_0710_153448-DSC0137410号

11号墳                                   12号墳
2011_1114_083758-DSC0473011号 DSC0386512号

13号墳                                   14号墳
DSC0387213号 2011_0813_075642-DSC0387314号

15号墳                                   16号墳
2010_0710_153221-DSC0137115号 DSC0387116号

17号墳                                   18号墳
2011_0813_075721-DSC0387417号 2011_0813_081256-DSC0388018号

スポンサーサイト



  1. 2011/12/28(水) 08:49:37|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(14)水辺稲荷 | ホーム | (12)東武野田線・2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/111-2a270039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)