写真でつづる流山の道 (21)香取神社《平方》

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(21)香取神社《平方》

「流山新100か所めぐり」第21番「香取神社《平方》」

香取神社は市内に7か所あるので,これから紹介するたびに所在地名を《 》に入れて示します。
香取市にある「香取神宮」が総本社で,周辺地域には分社が多いそうです。全国に400余りあるそうですが,流山には400分の7があるわけです。歴史には疎いので,それぞれの歴史的背景や地域とのつながりはよくわかりません。また‘信仰’の観点からもいまいち立ち入りずらい気持ちが私にはあって,そっと立ち寄るだけです。


2010_0626_083655-DSC01279.jpg 2010_0626_083958-DSC01283.jpg

2010年6月26日に訪れた時(2枚目と3枚目)と,2011年11月14日に訪れた時(4枚目)とを見比べてみると,中鳥居が建て替えられているのがわかる!古い鳥居の印象は忘れていて,二度目に訪れた時“ずいぶん新しい鳥居だな”と思った程度だった。帰宅して画像を整理したら1年半前を思い出したというわけだ。
左は貴重な写真となった古い中鳥居。建て替えの経緯は下の石碑にある。

2010_0626_083711-DSC01280.jpg 2011_1114_100523-DSC04769.jpg

2011_1114_100537-DSC04770.jpg
石碑を書き写すと次の通り。(横書きで示す)

中鳥居建立記念碑
西に富士 東に筑波
  仰ぎ見る
 葛飾郡新川の里
緑豊かな鎮守の杜に
静かに佇む香取のお社
  
  平成二十二年十月吉日






2011_1114_100424-DSC04767.jpg社殿新築記念碑
下総 流山の北西に位置する平方は 北方に利根運河が 西方には清流江戸川が流れ 富士を眺望する景勝の地で
       鳰鳥の葛飾早稲を饗すとも
            其の愛しきを外に立てめやも
と万葉のいにしえからうたわれている葛飾早稲発祥の地として知られ 五穀豊穣に恵まれた緑豊かな郷土となっています
 この郷土の鎮守神 香取神社は 祭神に経津主命を祀り 古くから武運長久の神として崇められ いつしかその神威は風聞をよび 近郷近在の人々から信仰をあつめました
 爾来 先人 崇祖をはじめ 氏子崇敬者は郷土の守護神として厚敬し 今日の大きな繁栄と発展をもたらしました
 郷土の氏子一同は この鎮守の御神徳を偲び報恩に感謝し 心を和にしてここに浄財の寄付を募り 社殿の新築をみるに至りました
 以後 不断の敬神と崇祖の美風を子々孫々に伝承し 平和と繁栄が調和する郷土へと承継することを祈誓いたします
        平成元年七月吉日
        流山市長 秋元大吉郎謹書


2011_1114_100644-DSC04774.jpg 2010_0626_083743-DSC01281.jpg

2011_1114_100617-DSC04772.jpg 2011_1114_100624-DSC04773.jpg
右は「大杉神社神輿庫」  ※「香取神社」と「大杉神社」との関係を知りたい・・・調べよう。

2011_1114_100604-DSC04771.jpg 2011_1114_100712-DSC04776.jpg
「富士登山記念」の奉納額と 「浅間大神 登山紀念」の碑。

2011_1114_100737-DSC04777.jpg 2011_1114_100755-DSC04778.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/01/09(月) 08:46:14|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(22)愛宕神社 | ホーム | (20)福性寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/119-5ac5812c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。