写真でつづる流山の道 (52)円東寺

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(52)円東寺

「流山新100か所めぐり」第52番「円東寺

つくばエクスプレスの車窓(秋葉原方面上り線左側)からも一瞬見えます。



powered by 地図Z


2010_0827_092436-DSC01785.jpg 2010_0827_092651-DSC01790.jpg

2010_0827_092453-DSC01786.jpg 2010_0827_092526-DSC01787.jpg

2010_0827_092552-DSC01788.jpg

2010_0827_092618-DSC01789.jpg 石造十二神将    流山市指定有形文化財第十四号
 十二神将は薬師如来と薬師如来を信仰する者を守るとされ、甲冑に身を固めて武器を持った武神の姿であらわされます。
 また十二神将は十二支と結びつき、この像でも頭にそれぞれの干支を頂いています。
 円東寺の十二神将は高さが四十三センチほど、江戸時代に造られたと考えられます。
 十二神将を石で造ること、また丸彫り像であることなどが珍しく貴重です。
 髪の毛などに彩色を施し、背面には市野谷村を開いたといわれる寄進者の名前を彫っています。石造十二神将は、江戸時代の石造物として貴重であるばかりでなく、市野谷の歴史を物語る大切な文化財です。
                    流山市教育委員会



2011_1206_115522-DSC04974.jpg NPO流山史跡ガイドの会のツアーの際,ご住職の増田俊康さんのご厚意で石造十二神将を見せていただけました,ありがとうございました。一体一体の彫った跡に温もりを感じました。


2011_1206_115641-DSC04977.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 08:22:15|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(53)天神社 《市野谷》 | ホーム | (51)浄蓮寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/155-0cf4f55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。