写真でつづる流山の道 (59)流鉄流山線-1;流山駅

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(59)流鉄流山線-1;流山駅

「流山新100か所めぐり」第59番「流鉄流山線-1;流山駅」《TOP30-13

流山を代表する鉄道です。開設の経緯から‘町民鉄道’と親しまれています。流山市役所のある「流山駅」から常磐線「馬橋駅」を結ぶ鉄道です。詳しい話は北野道彦著『総武流山電鉄の話-「町民鉄道」の60年』(崙書房ふるさと文庫009;¥1000+税)をご覧ください。〝ちい散歩〟にも登場しました。
古くは「総武流山電鉄・流山線」だったが,2008年8月「流鉄・流山線」という名称になった。
流山市民でも乗ったことがない人は多いでしょう。特に市北部の人はまず利用することがないからです。散歩がてら出かけてみることをおススメします。TXセントラルパーク駅から徒歩15分,武蔵野線南流山駅から鰭ヶ崎駅まで10分歩いて電車に乗るのもいいですね。
なおこの記事は3回に分けて紹介します。きょうは流山駅舎を中心とした風景の紹介です。




powered by 地図Z



2010_0720_081736-DSC01479.jpg 2011_0604_091136-DSC03134.jpg
房総の魅力500選  千葉県
「房総の魅力500選」は、昭和58年に千葉県の人口が500万人に達したのを記念し、魅力あるふるさとづくりの一環として昭和63年1月に選定されたものです。
総武流山電鉄
大正2年(1913)、町民116名の出資によって、流山軽便鉄道株式会社を設立。
大正5年(1916)、馬橋駅と流山駅の間を結ぶ5.7キロメートルで営業を開始しました。
人びとの暮らしと密着した交通機関として親しまれています。


2010_0527_152351-DSC01092.jpg 2011_0604_091408-DSC03140.jpg

2010_0610_150317-DSC01163.jpg 2011_0603_090326-DSC03086.jpg

2011_0603_091434-DSC03088.jpg DSC00742.jpg
平和台駅横の踏切。路面電車のようだ。

2011_0604_091200-DSC03135.jpg 2011_0604_091221-DSC03136.jpg
駅舎内。手渡す切符の感触がいい。SUICAやPASMOは使えない。

2011_0604_091243-DSC03137.jpg

2011_0604_091321-DSC03139.jpg

2012_0204_091827-DSC06238.jpg 2012_0204_091956-DSC06240.jpg
小金城址駅(松戸市;画面奥)と平和台駅間の坂川にかかる鉄橋を渡る。合流するのは新坂川。

DSC00700.jpg DSC00701.jpg
線路はつづくよ・・・

2010_0617_082954-DSC01181.jpg DSC00741.jpg
平和台駅

DSC00697.jpg DSC00705.jpg
鰭ヶ崎駅


スポンサーサイト
  1. 2012/03/13(火) 07:38:39|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(59)流鉄流山線-2;なの花号・流馬号 | ホーム | (58)春山寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/162-a3b1413d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。