写真でつづる流山の道 (63)今上落-1
FC2ブログ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

(63)今上落-1

「流山新100か所めぐり」第63番「今上落

「今上落」をどう読みますか?「キンジョウラク」「イマジョウラク」・・・これは「イマガミオトシ」と読むんです。運河北側にある野田市の‘今上(イマガミ)’という字名に由来します。「今上落し」と‘し’を付けてくれるだけで読みやすくなりますが,これでも「キンジョウオトシ」とも読めます。「今上落川」とも表記します。“落とし”は“流す”という意味でしょう。排水を江戸川に流すために作られた川です。しかしこれは〝一級河川〟なんです。ガイドブックには〝一級河川に認定された排水路〟と書かれています。実際見てみると『エッこれが一級河川?』という感じをぬぐえません。しかし田の水と格闘する人々を思うと,納得します。
たくさん写真を撮りましたので2回に分けて紹介します。第1回は,利根運河河口の南にある〝起点〟【地図中で①のマーク位置】から中流までを紹介します。当初はこの今上落川は,利根運河の下に樋管を通していたそうです。〝水路の立体交差〟を作るなんてスゴイと思います。


次回にもこの地図を使います。きょうはマーク①②③を取り上げます。



powered by 地図Z


2011_0518_102324-DSC02837.jpg 2010_0829_073931-DSC01844.jpg
「100か所めぐり」の説明板がないので,これで代用します。左は東葛飾土木事務所作成,右は東葛飾地域整備センター作成。

2011_0518_103151-DSC02842.jpg 2011_0518_102203-DSC02836.jpg
利根運河土手から南を見たところ。ここが起点。本来は運河の下をくぐっていたのだがその様子は見えない。土手を下りるとこの風景。この細い〝水路〟が一級河川?
2011_0518_102711-DSC02840.jpg 2011_0518_102618-DSC02839.jpg
南へ進むと何やら造成工事中。一級河川がパイプの中を通っている。
2011_0518_102603-DSC02838.jpg 2011_0221_131237-DSC02269.jpg
『いつもきれいにしてくれてありがとう 今上落より』とある。川を擬人化しているのは優しい。設置は千葉県東葛飾地域整備センター
2011_0130_142725-DSC02232.jpg 2011_0130_142421-DSC02230.jpg
〝屋敷神〟を祀る横を流れる。
2011_0130_135442-DSC02228.jpg 2011_0130_135421-DSC02227.jpg
護岸整備されている箇所もある。地図の②のマーク箇所がこの水門。
2011_0130_135341-DSC02226.jpg 2011_0115_135145-DSC02192.jpg
すべてコンクリート製の橋の中で,これだけ(右以下の5枚)が木造のままだ。尼谷の渡しの近くなので“尼谷橋”と名前が付いているらしい。地図マーク③
2011_0115_134954-DSC02190.jpg 2011_0115_134924-DSC02189.jpg

2011_0115_134847-DSC02188.jpg 2011_0519_105910-DSC02909.jpg

2011_0120_140726-DSC02211.jpg 2011_0120_140911-DSC02212.jpg
個人のお宅用の橋のようだ。歩くと板がしなる。(原版を縮小しすぎてしまって元に戻らないのでご勘弁を)

スポンサーサイト



  1. 2012/03/19(月) 08:55:34|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(63)今上落-2 | ホーム | (62)大杉神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/168-2900c6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)