写真でつづる流山の道 (69)庚申様
FC2ブログ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

(69)庚申様

「流山新100か所めぐり」第69番「庚申様



powered by 地図Z


2010_0610_133429-DSC01141.jpg 2010_0610_133456-DSC01142.jpg
                                      背後の壁は“流山キッコーマン”の建物です。
2011_1216_094941-DSC05089.jpg 2011_1216_094954-DSC05090.jpg

2011_1216_095006-DSC05091.jpg 2011_1216_095141-DSC05097.jpg

2011_1216_095026-DSC05092.jpg流山三丁目庚申講関係資料(113点)
                 流山市指定民俗文化財第七号
 流山三丁目三二二に所在する二基の庚申塔には、祠内にある元文五年(1740)造立の板状駒型と祠外に文化十五年(1818)造立の兜巾(ときん)型がある。旧根郷六の組を中心とした庚申講によって、その祭祀が執り行われていた。祭祀用の諸道具や祭祀参加芳名帳とともに、無尽に用いられた籤(くじ)やその記録などが保存されている。
 無尽は、昭和三十年代後半まで行われていた。現在は、毎年初庚申の日に祠に幟や幕を飾りつけ、お供えをして祭祀を行っている。
 市内唯一残る庚申信仰の祭祀行事である。伝承された講道具や過去の行事記録などの資料は、江戸時代に流行して市内に多数の庚申塔造立を促した、庚申講という民間信仰の形態を伝える重要な歴史・民俗資料である。
       平成二十三年 流山市教育委員会



2011_1216_095114-DSC05096.jpg 2011_1216_095101-DSC05095.jpg 

 2011_1216_095200-DSC05098.jpg 2011_1216_095207-DSC05099.jpg 

『広報ながれやま』に紹介されました。ちなみに使用されている写真は(当ブログの2枚目と同じ)古いものです。新しい情景は当ブログの3枚目以降のものです。現在はカーポートのような屋根が新設されていて,左手に新たな解説板が設置されています。
IMG.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/03/27(火) 07:47:51|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(70)本行寺 | ホーム | (68)近藤勇陣屋跡 《TOP30-4》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/175-b98fd498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)