写真でつづる流山の道 稲荷 《南》

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲荷 《南》

前回に続いて個人所有の「稲荷様」を紹介します。このような形態は他にたくさんあるようですが,ほとんどは個人宅の敷地内にあるため存在がわかりません。道端から見えるものだけを紹介します。他のブログに“流山の神社”というテーマのものがありますのでそちらを見てください。



powered by 地図Z


2012_0118_091516-DSC05792.jpg 2012_0118_091531-DSC05793.jpg 
初石駅からだと20分ほどかかるでしょう。右の写真で,手前の道路は守谷街道,突き当たりが流山街道の‘南丁字路’で‘ロジポート流山入り口’のバス停からだと2~3分です。「南福祉会館」の看板が目印です。

2012_0118_091107-DSC05781.jpg 2012_0118_091129-DSC05782.jpg
立派な赤い鳥居がまぶしい。

2012_0118_091148-DSC05783.jpg 2012_0118_091200-DSC05784.jpg

2012_0118_091314-DSC05787.jpg 2012_0118_091332-DSC05788.jpg
『奉納』の石版には『新倉庄兵衛の奉納による文政二年銘の狐が平成五年暮盗難に遭い改め奉納す 平成六年二月吉日 新倉福蔵 新倉忠義』とある。【一部判読不能】

2012_0118_091355-DSC05789.jpg 2012_0118_091422-DSC05790.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/06/11(月) 07:50:02|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神社--名称不明 《西初石3丁目》 | ホーム | 秋元稲荷--近藤勇辞世の句>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/228-0e3239cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。