写真でつづる流山の道 新四国八十八ヶ所巡り 《流山3丁目》

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

新四国八十八ヶ所巡り 《流山3丁目》

「新四国江戸川八十八ヶ所巡り」が流山3丁目にある。流山5丁目交差点から江戸川方向に,狭い道を辿ると“階段道”がある。その手前だ。古びた建物しか見えないが,その裏にある。
実はここは「旧正覚寺」とのこと。
マーク①が「新四国江戸川八十八ヶ所巡り」,マーク②が「階段道」


powered by 地図Z


2012_0505_092803-DSC08041.jpg 2012_0505_092411-DSC08033.jpg
道端の足元に六地蔵が控えている。建物を回り込むようにしないと中の石塔や祠は見えない。

2012_0505_092545-DSC08036.jpg 2012_0505_092553-DSC08037.jpg
この石塔を一回りすれば‘四国八十八ヶ所’すべてを巡ったと同じ御利益がある,とのことです。

2012_0505_092514-DSC08035.jpg 2012_0505_092654-DSC08038.jpg
弘法大師像は,二つの祠それぞれに一体ずつある。

2012_0505_092700-DSC08039.jpg 2012_0505_092708-DSC08040.jpg
『新四国江戸川第十五番 正覚寺』とある。

2012_0505_092333-DSC08032.jpg 2012_0505_092459-DSC08034.jpg
たまたま居合わせた近所の奥さんが,本堂を開けて中の不動明王を見せてくれた。
右は,石塔の背後にある遍路姿の弘法大師の“線刻画”。


2012_0505_092846-DSC08042.jpg
前の道には,わたしの気持ちの中では有名な〝階段道〟がある。階段の上の部分がかつての流山街道の本道だったところ。江戸川の自然堤防と言われている。高い土手は新しい江戸川堤防。

※市内の「階段道」については,いずれすべてを紹介します。

スポンサーサイト
  1. 2012/07/05(木) 13:35:08|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧東榮寺 《前平井》 | ホーム | 大囶主神碑 《駒木台》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/241-ae8cf50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)