写真でつづる流山の道 三輪野山貝塚 《三輪野山2丁目》

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三輪野山貝塚 《三輪野山2丁目》

きょうから第4ステージ「人間の営み」を始めます。今までの‘名所’や‘寺社’から少し離れて,普通の人々が生活を営む中での‘文化’に目を向けます。
そこに住む人にとっては‘ナンテコトノナイ’ありふれた風景かもしれませんが,ちょっと視点を変えると面白い発見ができると思います。
流山のここがオモシロイ!」にご期待ください。





powered by 地図Z


第1回は「三輪野山貝塚」です。ここは「上新宿貝塚」「上貝塚貝塚」に加えて流山市内3つ目の貝塚です。発掘調査が完了した後では「三輪野山4号公園」となっていますが,解説板には詳しい説明があります。

2012_0110_093409-DSC05612.jpg 2012_0110_093419-DSC05613.jpg

2011_0302_135953-DSC02312.jpg「三輪野山4号公園」(三輪野山貝塚の現状保存区域)
三輪野山貝塚
 三輪野山貝塚は、標高約20mの台地上に第1~5貝塚が環状に位置する、縄文時代後期初頭から晩期中葉(約4,400年前~約2,500年前)の遺跡です。明治32年に学会に紹介され、昭和62年の貝層分布調査により東西150m・南北約100mにおよぶ大規模な貝塚であることがわかりました。土地区画整理事業と県道拡幅改良工事に伴う流山市教育委員会と千葉県文化財センターが平成2~19年度に実施した発掘調査により、良好に保存された縄文時代のムラ(集落)の跡から貴重な発見が相次ぎました。
 縄文前期の海進により三輪野山の台地の下は海辺でしたが、本集落が営まれた縄文後期には海退により海が遠ざかっていました。それでもこの地に縄文人が造り始めた(後期初頭)竪穴住居や掘立柱建物などは、その数が急増(後期前葉)します。また貝塚が形成(後期中葉)され、貝やシカ・イノシシの骨などを加工した道具が多く出土しました。貝類もハマグリ・カキなど海水産から、真水の混じる汽水産のヤマトシジミになる(後期後葉)など環境の変化も窺えます。また富山・新潟産のヒスイが勾玉など完成品だけでなく、原石や穿孔途中の未成品で出土したことは、三輪野山の縄文人が硬く難しいヒスイの加工を行った証拠です。
 特筆すべきは貝塚中心部の調査で、縄文人が人工的に掘り込んだ広範囲(直径70~100m)な中央窪地と東窪地が発見され、土偶や土板、石棒・石剣といった祭祀系の遺物が多量に出土したことです。さらに西側斜面では窪地を掘った土を積んだ盛土(高低差2m)が発見され、隣接する第5貝塚もその一部だったことが分かりました。貝塚と斜面盛土が窪地を取り囲むコロシアムのような祭祀的空間を縄文人が造り、維持したものと考えられます。この公園が傾斜面になっているのはその名残です。これは、縄文時代後晩期に東日本の拠点的集落で造営される大規模遺構のひとつで、「環状盛土遺構」といわれるものです。また縄文時代晩期前~中葉の「道路状遺構」が集落の東西で発見され、ムラの交通路がわかりました。西側斜面では後期盛土を切り込み地山の粘土層を階段状に掘り込んで、台地と低地を結んでいました。
 三輪野山貝塚では、約2,000年間におよぶ縄文時代後晩期の遺構・遺物が発見されましたが、調査終了区域は遺構が消滅しました。そこで、本貝塚の現状保存区域(第1~4貝塚)を後世に遺してその歴史を伝えるため、三輪野山4号公園が整備されました。
     平成21年3月15日  流山市教育委員会

※解説板には「出土品」や「発掘状況」を示す写真が掲示されています。


2011_0302_140011-DSC02313.jpg 2011_0302_140221-DSC02314.jpg
この風景の中に4400~2500年前の人々の生活を想像するのは楽しい。1ミリを100年とすると25mm~44mmの昔,全体では1万年に及ぶ縄文時代は,その初期は123mmにまでさかのぼるそうだ。今の私たちは1万年先にはどうなっていることだろう?いや,せめて2000年後(20mm先)にどうなっているか,〝考古学〟ならぬ〝考未来学〟も楽しい。

2012_0110_093527-DSC05619 パノラマ写真

2012_0110_093805-DSC05622 パノラマ写真パノラマ画像がゆがんでいますが,これがほぼ全景です。(上:南側から),下:東側から)
2012_0320_101958-DSC06903 パノラマ写真 
昨日(2012.8.12)「さわやかちば県民プラザ」で開かれた「歴史講座:貝塚のあるムラ・ないムラ」を聴いてきました。開催中の“よみがえる縄文のむら”の展示も見てきました。久しぶりに土器の破片を触りました!これからは柏市にも出かけてみようと思います。2012.8.25には「矢船Ⅱ遺跡現地説明会」に出かける予定です。
先人の航跡をたどることによって今の自分がわかる気がします。


スポンサーサイト
  1. 2012/08/13(月) 08:37:15|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壺垣 《小屋》 | ホーム | 湧水 《西深井・下花輪・前ヶ崎》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/266-0b28bb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。