写真でつづる流山の道 調整池① 《東深井・西深井・中野久木・松ヶ丘》

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

調整池① 《東深井・西深井・中野久木・松ヶ丘》

〝人間の営み〟として〝治水〟を見てみたい。『治水治国』『善く国を治める者は必ずまず水を治める』は少々大げさかもしれないが,私たちが暮らす地域で水を管理・統率している現場を見るのは意味があることだと思う。大げさなことは分かったいる。単に“ヘー,こうやって水を手なずけているんだ”と感じてもらえれば十分です。
江戸川や利根川の流路を変えたかつての史実は当ブログで扱うには大きすぎるテーマなので,ここでは35㎢の流山市内に10カ所ほどある「雨水調整池」を訪ねてみました。何かに利用することが目的ではないようで,大雨の時ここに雨水が流れ込むようになっているらしいです。詳しいことは他のHPで見てください。
第1回は,東深井・西深井・中野久木・松ヶ丘を訪ねます。


マーク①は下へスクロールしてください。


powered by 地図Z


マーク①
松ヶ丘の調整池:コンクリートの壁の中は〝池〟でした。このように傾斜地の地面からそそり立つ形のものはここだけです。

2011_0622_091729-DSC03483.jpg 2011_0623_130804-DSC03498.jpg

2011_0623_130824-DSC03499.jpg 掲示板には次のように書かれています:

名 称:松ヶ丘調整池
所在地:流山市松ヶ丘三丁目290-31
容 量:766㎥
面 積:212㎡
深 さ:3.892m  ※もっと深いように見える・・・
管理者:流山市長
連絡先:土木部河川課
この施設は、開発区域及びその周辺に降った大量の雨水を一時貯留して、下流への流量の増大を抑制し、洪水の被害を防ぐためのものです。




マーク②
東深井の調整池:ここは地面を掘って作られています。松ヶ丘のようにそそり立ってはいませんが,のぞくと吸い込まれそうな怖さを感じます。

2011_0625_072031-DSC03566.jpg 2011_0625_072128-DSC03569.jpg

2011_0625_072159-DSC03570.jpg 2011_0625_072221-DSC03572.jpg


2011_1225_110419-DSC05318.jpg
マーク③
中野久木の調整池:住宅に囲まれていて,画像はこれ1枚だけです。












マーク④
西深井の工業団地にある調整池:やや浅い分,面積を広く造ってあります。工業団地を水没から守っているのでしょう。

2012_0623_085308-DSC08588 パノラマ写真

2012_0623_085332-DSC08590.jpg 2012_0623_085557-DSC08591.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/08/17(金) 09:07:53|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<調整池 《西平井・木・美田・おおたかの森》 | ホーム | 壺垣 《小屋》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/268-180535f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。