写真でつづる流山の道 流山の地名(4)

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山の地名(4)

きょうは「」「若葉台」「」「桐ケ谷」「上貝塚」を紹介します。



powered by 地図Z


2012_0118_090802-DSC05779.jpg(みなみ)
室町期に見える。江戸期には「桐ケ谷南村」と称し,明治22年に新川村の大字となる。昭和43年一部が西初石2~3丁目と若葉台になる。何を基準に南としたのかは不明。
下の4枚の画像は,「南」と「北」の境にある「新川耕地スポーツフィールド」。以前は「流山市上耕地(かみこうち)運動場」だったものが名称変更されたもの。〝上耕地〟と〝上高地〟が紛らわしかったのだろう。それにしても〝運動場〟が〝スポーツフィールド〟に変わる感性がよくわからない。大畔には「おおたかの森スポーツフィールド」(15字!)がある。地名や施設名にはカタカナは長ったらしくなるのだ。





2011_0130_地名;新川耕地DSC02237 2012_0402_地名;新川耕地DSC07274
左の表示板には「流山市 上耕地運動場」(2011.1月),右は「流山街道」
右の表示板には「新川耕地スポーツフィールド」(2012.4月)
正面は「香取神社(32)」

バス停の表示がキュウクツだ。
2012_0709_091127-DSC08740.jpg 2012_0709_091215-DSC08741.jpg

2012_0301_101405-DSC06609.jpg 2012_0301_101452-DSC06610.jpg

DSC03855.jpg
若葉台(わかばだい)
もとは上新宿・大畔・桐ケ谷・南の各一部が,昭和43年の流山市制定にともなって成立した。
「若葉台」には‘丁目’はなかったと思うのだが...
南北に走る道路の内で2本に,その角々の電柱に,①~⑰まで番号が振ってあって便利だ。当ブログ2011.9.22を見てください。







(たに)
地名を証明するものとして,このページの地図上でマークで記したところにある〝石塔〟。その台座に「谷津・貝塚」と記されている。この「谷津」が「谷」になったようだ。
‘谷津村’‘谷ツ村’が改称して成立。「桐ケ谷之内谷津村」の表記がある。電柱に東京電力の標識として「谷津」の表示がある。昭和43年一部が西初石3~4丁目となる。

2012_0710_090316-DSC08785 (2) 2012_0710_090354-DSC08787.jpg

2012_0710_090505-DSC08788.jpg 2012_0118_094320-DSC05803.jpg

2012_0710_090905-DSC08790.jpg
桐ヶ谷(きりがや)
江戸川沿いの連続した崖がここでいったん切れて谷状になることから〝切れ谷〟と呼んでいたものが佳字をあてて「桐ケ谷」となったと言われている。西栄寺の山号は桐ケ谷山という。
※‘ケ’の付く字名は「桐ケ谷」「西松ケ丘」「松ケ丘」「鰭ケ崎」「前ケ崎」があるが,『すべて‘ケ’は大文字のカタカナ』と市では断り書きを入れている。
電柱の巻き広告はないので,常磐道に架かる橋の名板とバス停で示します。






2012_0710_083107-DSC08774.jpg 2012_0710_083143-DSC08775.jpg


2012_0418_092748-DSC07703.jpg
上貝塚(かみかいづか)
明治12年「貝塚村」が改称して成立。貝塚があるから「貝塚村」と言う[上貝塚貝塚(36)]。‘上’が付く意味は不明。‘高台’の意か。昭和43年一部が西初石4丁目となる。

【公開後,読者の方からコメントをいただきました。『‘上’や‘下’は川の上流・下流に由来する』由。また『‘上総’‘下総’などは,都から近い所が‘上’遠い所が‘下’』なのですが,この貝塚については命名に際して〝都〟との関わりというよりは,川の上流の意味でしょう。市川市に下貝塚があるそうです。ご指摘ありがとうございました。(2012.9.14.追記)】



スポンサーサイト
  1. 2012/09/13(木) 08:56:43|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<流山の地名(5) | ホーム | 流山の地名(3)>>

コメント

上貝塚という地名

素人ですので、全く根拠のないあてずっぽの話を申し上げます。
私の感じでは、地名に「上、下」が付く場合、土地の高低で付くことはあまりないと思います。 旧国名(上総、下総、上野、下野など)は都に近いほうが上、遠い方が下ですが、それ以外の場合、特に大きな川沿いの地名では、上流に位置する方に上、下流の方に下が付く例をよく見かけます。
流山市の上貝塚は、市川市にある下貝塚に対応する名前ではないでしょうか?
  1. 2012/09/13(木) 17:01:27 |
  2. URL |
  3. 流山の住人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/284-0072cf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。