写真でつづる流山の道 公園(37)美和1号公園
FC2ブログ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

公園(37)美和1号公園

三輪野山1丁目にある「美和1号公園」です。「三輪」を「美和」という〝美称・佳字〟に変えています。漢字文化ならではの作法です。表音文字の文化ではこうはいかないでしょう。



powered by 地図Z


2012_0320_093817-DSC06889.jpg 2012_0320_093854-DSC06890.jpg
左の写真の奥に見える石碑を拡大しました。読んでみましょう。
三輪野山土地区画整理事業完成記念碑
 茲は、三輪野山の地名に明らかな如く、その往古、遥か大和の神々と深い縁を有し、鎮守茂呂神社を中心に栄えた由緒正しい里であった。吾人の祖先は、豊かな自然と融和し、睦み合いつつ、一千数百年に亘り、敬虔に先人の訓えを伝承して来たのである。
 一方、第二次世界大戦の敗戦による、未曽有の困難を超越した吾国の産業、経済の発展は、将に、瞠目すべきものがあり、就中、農業技術の長足の進歩と、需要の変遷は、吾国農業の姿を著るしく変貌せしめた。
 このため、夙に、地元有識者により、旧来の耕地の整備改善の要が提唱されていたが、本市の立地条件から、近い将来、急速な都市化が予想されたこと、偶々、本地域が市街化区域にあること等、諸般の事情から、改善の手法として、土地区画整理事業を採用、但し、完成後も、当時の食糧事情から、当分の間、水田として耕作をなし得るような配慮のもとに、昭和四十四年五月、有志五十五人を以って、組合設立の認可を受け、茲に、三輪野山土地区画整理組合事業が、その緒についたのである。
 爾来、実に十年の歳月を*閲(けみ)し、六億八千八百五拾九万円の事業費 関係者の心血を注いだ本事業は、当初計画の水田を、時代の要請に応えて埋立て、宅地に変更したことによる技術的困難性、工費、事業費の著しい増大等を克服して、遂に、昭和五十四年三月吉日、今日眼前に展望する十五・四ヘクタールの、整然たる街区が誕生したのである。
 本事業の完成により、区域内道路、水路の整備は言う迄もなく、本市民への、好環境、しかも低廉な宅地の大量供給、隣接加岸土地区画整理区域と連たんして、本市市街地の枢要な要となり、更に、副次的効果とは言え、新県道完成に多大に寄与する等、本事業効果の及ぶところは、誠に望外のものがあった。
 最後に、本事業は、建設省、千葉県、流山市当局、ならびに、関係各方面からの、積極的なご指導と、温いご援助、関係業者の良心的施工、更には、全組合員の、ゆるぎない結束と協力等々、多数(あまたの)の善意と勇気の結晶であったことを特筆し、吾々の事蹟として、祖先の訓えと共に、子孫に遺したい。

【*印の字は「閲(けみ)する」=「経る,経過する」と読むのが妥当と思えるが,字体が異なっている。欠落したものか?刻字の際の間違いか? 裏面には“関係権利者”の名前が彫られている】


スポンサーサイト



  1. 2013/01/08(火) 08:14:13|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<公園(38)三輪野山近隣公園 | ホーム | 公園(36)花輪城址公園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/363-6e0d25fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)