写真でつづる流山の道 公園(41)きらら公園(初石36号公園)

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公園(41)きらら公園(初石36号公園)

流山おおたかの森駅に近い「初石36号公園」別名「きらら公園」に行ってみました。新しく整備されて,〝一里塚〟があったことを知りました。ここは旧日光街道東往還が通っていた所なのです。付近には〝野馬土手〟もあったようですが,いまでは住宅が建ち並んでいます。



powered by 地図Z


2012_0611_095247-DSC08486.jpg 2012_0611_095516-DSC08493.jpg

2012_0611_095319-DSC08487.jpg 2012_0611_100134-DSC08495.jpg

2012_0611_095355-DSC08490.jpg

2012_0611_095402-DSC08491.jpg
読みやすいように解説を書き取ってみました。

日光東往還(旧日光街道)
 「日光東往還」は、江戸時代に五街道のひとつ日光街道(表街道)の脇街道です。
 江戸幕府初代将軍徳川家康の命日に日光東照宮で催される大祭に歴代将軍が参拝するとき、表街道とともに利用され地元では古くから「日光街道」とよびならわしています。
 公園周辺のクランク状の道(通称・西初石クランク)は、拝礼のために日光へ向かう武士一行が敵に襲撃されるのを恐れ、道中の安全のために設けたともいわれています。
 また、街道は幕府直轄の小金牧(土手に囲まれた軍馬育牧場)のひとつ上野牧(かみのまき)の中を通っており、牧の出入り口には土手に木戸が作られ通行のたびに開閉していました。
 公園周辺にも木戸があったとの伝承があり、クランクは木戸を通過するために設けられた可能性もあります。


スポンサーサイト
  1. 2013/01/13(日) 08:02:27|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<公園(42)市野谷1号公園 | ホーム | 公園(40)三輪野山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/367-2898b11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。