写真でつづる流山の道 川と橋(36)御體橋

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川と橋(36)御體橋

坂川の3本目,富士川との合流点近くにある橋は「御體橋(おてばし)」です。名前の由来はいずれ調べるとして・・・(読み方は「市立博物館調査研究報告書12:流山の道」p.71による)



powered by 地図Z


2012_1016_090102-DSC09659.jpg 2012_1016_090152-DSC09660.jpg
昔は『電信柱みたいな丸太を二つくっつけて縛ってある』橋だったそうです。想像できませんネ!
右の写真では,手前が坂川,奥から合流しているのは富士川。


2012_1016_090432-DSC09665.jpg 2012_1016_090217-DSC09661.jpg
漢字は認識できますが,右のは「おてばし」とは(私には)読めません。
・・・「おてばし」ではないのかもしれない!・・・「おていばし」か「おたいばし」と読めやしないか??
知っている人が納得するのではなく,知らない人に知らせるのがこういった〝掲示〟ではないだろうか。


2012_1016_090230-DSC09662.jpg 2012_1016_090422-DSC09664.jpg

2012_1016_090327-DSC09663.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/04/23(火) 07:57:32|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川と橋(37)八木の橋 | ホーム | 川と橋(35)富士見橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/427-3fe16d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。