写真でつづる流山の道 アウンの呼吸

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アウンの呼吸

自動車の通行に際して〝阿吽の呼吸〟が求められる箇所がある。JR常磐線を挟んで,北側の向小金1丁目と南側の向小金2丁目を結んでいる跨線橋の道路。南北方向に走る道路で,流山市内では,国道6号線とともに常磐線の線路を越えるためにはなくてはならない道路だ。私は車で通ったことはないのだが,対向車の動きを〝阿吽の呼吸〟で見極めるという状況に驚き心配になった。信号はない。以下に状況を追って説明しよう。
この場所は『人と車の共生』の回ですでに紹介したのだが,再度取り上げたくなった。


2011_0619_093505-DSC03432.jpg 2011_0619_092934-DSC03420.jpg
一見ごく普通の道路を車が走っている......ようだ。左の写真は跨線橋から下りてくる車,右は対向車とすれ違う場面だ。この跨線橋の下をJR常磐線が通っている。ここで“オヤ?”と感じれば,以下の説明は読まなくてもいいでしょう。跨線橋の下では“1車線”,跨線橋の上では“2車線”......これがミソ!

2011_0619_092944-DSC03421.jpg
跨線橋上から南方向を見たところ。1台が下りきるのを待っている車が数台見える。道端に寄っているのがわかる。











2011_0619_093119-DSC03422.jpg
今度は陸橋上から北方向を見てみる。正面は国道6号線の名都借交差点。一連の車が下りきったところだ。1台待っている。











2011_0619_093134-DSC03423.jpg
一連の車が通り過ぎるのを待って,待機していた車が跨線橋を上って来るところ。












2011_0619_093212-DSC03425.jpg
つぎに,跨線橋の上で待機していた対向車が一斉に下り始める。












2011_0619_093410-DSC03429.jpg
トラックは跨線橋下まで下りてきているが,よく見ると上に待機している車が見える。この状態で上にいる車は『トラックの後に続かないで,下で待っている対向車を上がらせてあげよう』と考えているのだ。おそらくトラックの先は詰まっていて,対向車の列が見えるのだろう。









2011_0619_093422-DSC03430.jpg
これは赤い車が下で待っている。跨線橋から下りてくる対向車を待っているのだ。












2011_0619_093429-DSC03431.jpg
どのくらい待つのか...これが〝阿吽の呼吸〟なのだ。赤い車の後ろに数台つながってきた。赤い車はどのタイミングでアクセルを踏むか考えている。そして今途中まで下りてきている車が下りきるのを見極めて,上に上っていく...

これでよく事故やトラブルが起きないものだ,と感心する。何はともあれ今度車で体験してみるしかないのだ。







スポンサーサイト
  1. 2011/09/20(火) 14:44:18|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不審者注意掲示 | ホーム | 道の再生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/43-27789fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。