写真でつづる流山の道 通行人へのメッセージ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通行人へのメッセージ

昨日の警告掲示は,事故や犯罪を防ぐためのものだった。今日は「指示メッセージ」とでも言おうか,通行人に行動を促す掲示物を紹介しよう。
まずは駅の階段にある上り下りの側を指示する表示。日本語と英語の表記はよいのだが,上の2枚はDOWNとUPの文字間隔が間延びしていて落ちつかない。DOWNのほうはDとNが大きくてOとWが小さめだ。私の提案は,日本語表記と英語表記のものを別々に分けて,2枚ずつ掲示する方法だ。上の2枚はJR常磐線の柏駅と南柏駅のもの。下のは東武野田線の江戸川台駅のもの。このほうがスッキリしている。
・・・JRのほうの見にくさは,結局は板をタテにしたための無理がたたったのかもしれない。

2010_0522_083243-DSC01038.jpg 2010_0522_083249-DSC01039.jpg

2011_0424_124553-DSC02628.jpg 2011_0424_124602-DSC02629.jpg

つぎの2枚は,掲示物として本来の役目を果たせないのではないかと心配になるものだ。
左の看板は,蛍光塗料を使ったのはいいのだが,“この先”“につき”“左”(〝行き止り〟の左上の文字は〝左〟)の部分の緑色がはじけてしまって見えないのだ。緑色をなくして“私道 進入禁止 行き止り”とだけ書けば済んだのではないかな。夜の見え方は確認していない。
右の注意書きは,目の高さにこだわって設置したことはいいのだが,やはり通る人の目線は下方向になるので,左側の壁に書いた方が良いのではないか,と考える。

2010_0822_082712-DSC01720.jpg 2011_0330_140826-DSC02419.jpg

2010_0815_093657-DSC01685 - コピー
私はこの看板の前で立ち止まってしまった。まず“道路”に“みち”と振り仮名を振る慎重さにびっくりした。その下の矢印を理解するのに2秒かかった。“はば”に相当するこの漢字表記は初めて見た。「幅員」はわかるが「員」の字の上が「允」の字の上になっているのは,どこかで見た記憶があるようなないような......。ここの地主さんはかなりのご高齢者だと思った。“一間”の換算値として“1.820メートル”だろうか,それとも“1,820ミリメートル”なのだろうか。“メートル”“ミリメートル”に相当する漢字はどう書くんだったっけ?そして“進入”“通り抜け”“車の進入”“等”をそれぞれ分類して考えていらっしゃるようなのだ。最後に“宅地内”と“御遠慮”にカギカッコが付いているのはどういう意識だろうか?この地主さんの名前は伏せることにしました。





2010_0708_145412-DSC01333.jpg 2011_0502_135056-DSC02715.jpg
犬の糞害にフンガイしている人は多い。単刀直入に訴えるか,丁寧に諭すか,ほかの書き方もあるが今日はこの2例にしておきます。

2011_0111_122414-DSC02176.jpg 2011_0111_122517-DSC02177.jpg
流山街道沿いの中花輪バス停(下花輪)にある流山市役所の資材置き場。市役所土木部が市役所関係の駐車をしないでくれと書いてある。おなじ職場内なのに,なぜ?と考えた。右の写真で,道路に面したジャリ部分は右手奥の人の私有地なので,市役所の資材置き場の前だとはいえ,市役所の車を停めてはいけないよ,と解釈すべきなのだ。理解するまでずいぶん時間がかかった。あなたはすぐにわかりましたか。

2011_0130_141753-DSC02229.jpg
今上落川の土手に立つ看板。川を擬人化して通行人に語りかけている。この種の表現は Thank you in advance と言うと思う。キャッチボールの球を取り損ねて,後ろにいる人に取ってもらう時の「ありがとうございまーす!」と前もってお礼を言う,あの方法だ。
ともあれこの今上落川・・・呼び方は・・・イマガミオトシガワ・・・ご存知でしたか?
ショボイ用水路に見えますが,れっきとした1級河川だそうです。








スポンサーサイト
  1. 2011/09/24(土) 14:40:59|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美田自治会の試み | ホーム | 注意喚起の掲示物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/47-8ef24dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。