写真でつづる流山の道 注意掲示・追加

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

注意掲示・追加

前回の注意や警告の掲示板に追加してご紹介します。

まずは犬猫用「〇△おことわり」掲示。左の写真は自家製のものだろう。右の写真と比べてどちらが効果があるだろうか。
2011_0928_084310-DSC04177.jpg 2011_0928_085125-DSC04180.jpg

2011_0430_133236-DSC02684.jpg
すごいのを見つけた!      幌馬車?!



2011_0415_151248-DSC02583.jpg


2011_0928_083801-DSC04176.jpg
これは言葉を使わずに,イヌ・ネコにご遠慮いただく知らせ。













2011_0429_153147-DSC02682.jpg 2011_0502_133604-DSC02712.jpg
「行き止まり」表示は絶対です。でも設置してないところがあるのです。つい私道に入ってしまうことに...
「生産緑地地区」表示を所々で見かける。農家の方々が頑張っているのだなと思う。


2011_0424_142358-DSC02648.jpg
初石駅東側に設置されている看板。地元住民ではないにしても,東口開設は絶対必要だと思う。豊四季駅のように中途半端な形にならなければよいのだが。現在運河駅の整備が進んでいるということです。












2011_0525_093055-DSC02941.jpg
「このすぐ先、水深+1.5m キケン!!」「この先 落差あり キケン!!」と書かれている。一般の人がここへ立ち入ることは不可能になっているので,この注意は河川管理の関係者に対するものだと思う。それとも,漢字に振り仮名がついているので子供を対象にしているのかな?南流山小中学校近くの神明堀で。










2011_0519_085038-DSC02853.jpg
江戸川の堤防にある看板。“なにかやってるな”と思うだけで,それぞれの掲示をちゃんと読む人はいないのではないだろうか。この際細かい字で,遺漏なく情報を示すことは必要なのかな,と思う。歩行者が自分で注意すれば済むことだ。『工事中』『休工中』だけで十分。 (パソコンで休工中が変換されなかった)










2011_0924_092002-DSC04163コピ
おおたかの森駅西口ロータリー前で見つけた。「生活用歩道」という概念を初めて知った。背後の会社の関係者だけが入れる道なのだ。周囲をフェンスで囲まれいて,一般の人が入り込んでも,またここから出ざるを得ないようになっている。開発まっただ中の地域だけに,今後道がどう変わるのか見届けたい。








スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 09:34:30|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気になる看板・表示 | ホーム | 美田自治会の試み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/49-0a4bc10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)