写真でつづる流山の道 流山発見;行灯(3)

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;行灯(3)

流山本町の「切り絵行灯」を回ります。

2013_0917_082508-DSC02628 (2)「流山極上本みりん発売元(有)かごや商店」さんです。
雨に濡れないように全体をビニールで覆っています。
現在は酒屋さんですが,先代は文字通り〝かご作り〟だったのでしょうか。
「かごやさん」は「加5丁目」,行灯を出しているお宅では最も北に位置しています。

2013_0917_082525-DSC02629 (2)

2013_0917_092632-DSC02651.jpg 2013_0917_092632-DSC02651 (2)
「樽屋(たるや) 加藤」さん宅です。樽を作っている切り絵のアップがピンボケですみません。
行灯に屋根を付けるのは,ここの加藤さんの発案だそうです。


2013_0917_092651-DSC02652.jpg
加藤さん宅前の風景です。なかなか風情のある街並みを演出しています。












2013_0917_090632-DSC02640.jpg「千葉縣流山町驛前通り 夜具 布團 蚊帳 製造販売 糸綿類 [元]金杉元吉商店」
切り絵のアップが日陰になってしまって・・・









2013_0917_090643-DSC02641.jpg

2013_0917_093738-DSC02660.jpg「京料理 かねき」さん。まだ入ったことはありません。





2013_0917_093720-DSC02659.jpg


2013_0111_164530-DSC00633 (2) 2013_0111_164530-DSC00633.jpg
「醤油醸造 紙平 浅見平兵衞」さん。現在ではマンションになっています。
上2枚は夕方のようす。下2枚は昼間の様子です。醤油工場の切り絵が往時を偲ばせています。

2013_0124_133307-DSC00835.jpg 2013_0124_133307-DSC00835 (2)

スポンサーサイト
  1. 2013/10/20(日) 08:16:09|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見;行灯(4) | ホーム | 流山発見;行灯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/509-1ff8d976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。