写真でつづる流山の道 流山発見;鳥居五十態

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

流山発見;鳥居五十態

流山を代表する神社「赤城神社」へ行きます。


大きな地図で見る

DSC00721.jpg DSC00718.jpg
なんといっても,大しめ縄は圧巻です。鳥居より一歩前に位置しているのです。鳥居に架かる細いしめ縄と比べてください。重さ500kgと言われています。流山市指定無形民俗文化財です。〝無形〟?・・・形としてしめ縄があるのに・・・これを毎年作る地元の人々の努力が文化財として評価されているのです。

2011_1109_120436-DSC04718.jpg 2011_1109_120456-DSC04719.jpg
じっくり見てみましょう。
稲わらを一本一本束ねて縄をない,青竹に巻き付けていきます。300人くらいの人たちが参加します。

2011_1109_120514-DSC04720.jpg 2012_1014_171302-DSC09586.jpg
稲わら一本ずつから採れるお米が想像できますね。本祭の日のライトアップされた情景もいいですね。
2012_1007_122858-DSC09435.jpg 2012_1007_122650-DSC09430.jpg
本祭の1週間前,大しめ縄が作り替えられる日は,鳥居も寂しげです。
当ブログでは,この「大しめ縄」の制作過程を動画を含めてお見せできます。2013年9月4日~11日の記事をご覧ください。

2012_0224_095518-DSC06529.jpg
鳥居の裏には次のように刻まれています。
『東日本大震災(平成二十三年三月十一日)
 赤城神社委員会
 宿連合自治会有志
 平成二十三年十月吉日改修』

甚大な被害をもたらした災害を記録しておくことは大事です。

※「宿(しゅく)」というのは,流山旧市街の内で,南部を指す字名です。北部は「根郷(ねごう)」といいます。
















スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 08:29:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見;鳥居五十態 | ホーム | 流山発見;鳥居五十態>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/555-8d2479d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)