写真でつづる流山の道 流山発見;鳥居五十態

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;鳥居五十態

きょうで「鳥居五十態」最終回となります。
今までの大きな神社ではなく,いわば「名もなき祠」を紹介します。
個人宅の敷地内にある「屋敷神」としての祠は割愛しました(というか撮影していません)。
人々の信仰の標としての‘祠’を見ていると,『神への感謝=自分への励まし』が見えてくるようです。

【地図に表示できないものがほとんどです。言葉で説明します。それにつけても‘地図Zさん’早くデータを修復してください!!】


2012_0413_150352-DSC07693.jpg 2010_0720_083301-DSC01481.jpg
《左》まず古間木(ふるまぎ)にある祠。山王神社から八木中学校の間の道の林の中です。位置の特定ができません。
《右》鰭ヶ崎の「三本松古墳」の裏側[南側]の道沿いにあります。


2012_0330_094245-DSC07163.jpg 2012_0507_095601-DSC08080.jpg
《左》野々下1丁目,〝JAとうかつ中央〟近く。《右》西初石3丁目,〝ホームタウン初石若葉台〟住宅地の南東隅。

2012_0604_094403-DSC08384.jpg
秋元商店の敷地内にある「秋元稲荷」。
入り口のすぐ入った所なので,撮影しました。
近藤勇の辞世の句が掲げられています。
(中央右寄りの白い看板
 2012.6.10をご覧ください)









2010_0610_140759-DSC01157.jpg 2012_0408_104951-DSC07451.jpg
《左》2010.6.10撮影。《右》2012.4.8撮影。説明板が新しくなりました。

2013_0124_145413-DSC00882.jpg
以下は流山1丁目にある「稲荷神社」。
2013.1.24に訪れた時には鳥居の‘笠木’が朽ちかけている。
それが,2013.2.28に行ったら新しくなっていました《下》。

【場所は,流山1丁目交差点[市役所前]近くの,〝中道(裏道)〟のマスヤ呉服店の近くです】









2013_0228_150633-DSC01237.jpg 2013_0228_150649-DSC01238.jpg

そして2014.2.3に訪れたら,ちょうど初午の前日ということで,氏子の皆さんが飾りつけなどをしていました。
無垢の木で作った鳥居は優しい感じがします。石造のは放っておけば手間いらずですが,木造のは時間が立つと作り替えます,それがいいんですネ!気持ちが入ります。

2014_0203_143023-DSC03583.jpg 2014_0203_143035-DSC03584.jpg

2014_0203_143053-DSC03585.jpg 2014_0203_143106-DSC03586.jpg

2014_0203_143127-DSC03587.jpg 2014_0203_143139-DSC03588.jpg

これで「鳥居五十態」は終わります。まだまだ網羅できていないと思いますが,またの機会にご紹介します。

スポンサーサイト
  1. 2014/02/07(金) 09:17:12|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見;運河駅変身! | ホーム | 流山発見;鳥居五十態>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/558-6925d678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。