写真でつづる流山の道 流山発見;富士塚

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

流山発見;富士塚

きょうから流山市内にある「富士塚」を見ていきます。「富士塚」ってナニ?と思っている方のために...
富士塚とは,近世の民間信仰遺跡で,富士山を信仰する人々が「講」という「信者の団体」を作り,実際に富士山に行けない人のために築いた塚[ミニチュアの富士山]のことです。規模は様々ですが,築造には『富士山の溶岩を使い,富士山頂の土[砂]を頂上に置くこと』といった決まりごとがあるそうです。流山市内には高さ5~6mのものが2か所ありますが,その他は〝見下ろす〟程度の高さしかありません。また塚がなく石碑だけのものもあります。数回に分けて流山市内の富士塚を見ていきましょう。
さて第一番めは・・・もちろん「浅間神社(せんげんじんじゃ)」にある「富士塚」です。
「浅間神社」の総本宮は静岡県富士宮市にある「富士山本宮(ほんぐう)浅間大社」で,木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祭神としています。木花之佐久夜毘[毗]売命とも書きます。古事記の神話はあとでゆっくり読んでください。‘火中出産’というパワーを持ち,‘水徳’で富士山の噴火が治まり,桜の花と富士の清水を象徴とする神様です。
近くにある「このはな幼稚園」(流山で最初にできた私立幼稚園)はこの浅間神社の神様にあやかって名付けたそうです。
・・・では「浅間神社」へ行きましょう。




2011_1023_095651-DSC04385.jpg 2012_0307_093641-DSC06668.jpg
浅間神社の入り口です。なんか境内の方が低く見えますね。いま立っている場所は明治時代まであった自然堤防が道路になった所なので高いのです。石段を3段ほど‘下がる’と境内です。そして社殿。

2012_0307_093808-DSC06671.jpg 2013_0228_132837-DSC01166.jpg
社殿の後ろに富士塚があります。左手にあるのは「水神宮」です。富士山の清水を想定しています。
右の画像は南側から社殿と富士塚を見たところです。このアングルはわりと見落としがちです。
富士塚が富士山に似ている,と思うでしょ!?・・・思ってください!(^^)!

2014_0203_154009-DSC03602.jpg 2014_0404_130946-DSC04092.jpg
「水神宮」の台石に「根郷」と彫られていますが,この地域の旧名称で,浅間神社が地域の鎮守様だったことがわかります。
そして桜。富士塚の方に気を取られていると頭の上の桜に気がつきません。コノハナノサクヤビメの象徴です。



スポンサーサイト
  1. 2014/04/11(金) 08:48:53|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<流山発見;富士塚 | ホーム | 流山発見;本町街並み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/592-7c553af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/12 08:51)

富士宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/04/12(土) 08:51:33 |
  2. ケノーベル エージェント