写真でつづる流山の道 流山発見;街中の古墳

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;街中の古墳

身近にある遺跡の一つ「中野久木散策の森」にある「古墳」を紹介します。
〝紹介する〟などとエラソーな言い方で恐縮です。実は私も最近になって知ったことなのです。


地図上での経路がうまく表示できませんが,青い点のルートをたどります。入り口も「青木新聞店」の前から入れます。

2014_0323_081340-DSC03955.jpg 2014_0323_081529-DSC03963.jpg
流山市立北部中学校に隣接している「中野久木散策の森」は,市内にある「散策の森」と同じく,手ごろな広さで自然に包まれる場所です。以前当ブログでここの四季の姿をお見せしたのですが,正直のところ,あの頃はここに古墳があるとは知りませんでした。『柵で囲った部分があるが,なにか個人の土地なのかな』くらいにしか思いませんでした。史跡ガイドの案内の際に,ここに古墳があることを知った次第です。墳丘の上には石塔が3基ありますが,山神宮と八幡宮としか判読できません。後世の人による建立でしょう。何も案内の看板等はないので,知らない人も多いと思います。
「円墳」のようですが,周囲にやや低く堀のような痕跡があるので「周溝墓」でしょうか。まだ発掘調査は行われていないそうです。ここは,市内最大の縄文集落「谷頭(たにがしら)遺跡」の北の端になります。すべて住宅地となっていますが,ここにポツンと一つ古墳が残されているという状況です。ここから北へ2キロメートルの所には「東深井古墳群」があります。台地の途切れるところに古墳が多く見られます。縄文時代から古墳時代にかけての人々の暮らしに思いを馳せる場所になっています。
2014_0323_081616-DSC03964.jpg 2014_0323_081622-DSC03965.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/05/16(金) 07:40:39|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見;円東寺再訪 | ホーム | 流山発見;タラヨウの木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/602-0dcffe25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。