写真でつづる流山の道 流山発見;いしぶみ
FC2ブログ

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;いしぶみ

前回の〝有名な〟庚申塔に次いで,〝珍しい〟庚申塔を紹介します。
庚申塔と道標が一体となったもので,上部に方位が記されているのは,流山市内では唯一です。
地図を貼りつけることができません。言葉で言うと『利根運河の江戸川河口から東へ1kmほどのところに「水管橋」という水道管専用のパイプが見えます。すぐ脇に歩道橋がある地点です。その北側の坂を下りきった道の左角にある電柱の横にあります。道の反対側は野田市になります。』
2014_0807_081101-DSC05887.jpg 2014_0807_081813-DSC05895.jpg
草に埋もれていた所をかき分けて撮影しました。
2014_0807_081416-DSC05893.jpg 2014_0807_081451-DSC05894.jpg
位置がわかるように撮ったつもりですが・・・
2014_0807_081248-DSC05890.jpg

2014_0807_080923-DSC05883.jpg 2014_0807_081022-DSC05885.jpg
「南面」:下総國葛飾郡 西深井村 とかろうじて読めます。「北面」:安政七 如月庚申 と読めます。どちらも,「右」「左」の指し示す土地名が判読できません。どなたか助けてください。
2014_0807_081148-DSC05889.jpg 2014_0807_081004-DSC05884.jpg
「西面」:まったく判読できません。         「東面」:大きく 庚申 と書かれています。
一応「庚申塔」に分類されるかと思うのですが,「流山市立博物館調査研究報告書24 流山庚申塔探訪」には登録されていません。ヒョットして新発見!?


スポンサーサイト
  1. 2014/10/18(土) 08:07:09|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<流山発見;いしぶみ | ホーム | 流山発見;いしぶみ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/10/18(土) 23:24:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/628-a6e616aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。