写真でつづる流山の道 流山発見;横丁

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山発見;横丁

流山本町界隈には江戸川に並行して,3本の通りがあります。江戸川に近い通りを「本町通り」と呼び,流山が発展した「流山街道旧道」です。その東側に並行している道を「中道」とか「中通り」と言い,その東側に昭和になって新たに造られた「新県道」が現在の「流山街道」です。「新県道」もいまでは〝主要地方道〟に格下げされています。
今回は,これらの道を東西に結ぶ「小路・横丁」をご紹介します。「○○横丁」と名前が付いた横丁もあります。流山本町界隈を歩く時,この「横丁」をぜひ通っていただきたいと思います。このような細道の魅力は,〝立ち入る時のワクワク感〟と〝抜けた時の新たな風景〟に小さな驚きを感じることでしょう。ジグザグに櫛の歯状に歩くと,流山の街歩きが二倍楽しめます。



【地図を拡大して,「流山駅」を中央下に置き,「千疋屋」を探してください。そこの西の信号が「広小路」です。
「ヤッカラ横丁」はその北,「中野屋豆富店」の南にある道です。】

地図にマーク等が入らないので,以後言葉で説明していきます。

「横丁歩き」の出発点は「広小路」交差点。広い三叉路で,画像の正面に(東に向かって)延びる通りはかつては「諏訪道」と呼ばれた,諏訪神社への参詣の道でした。人々の行き交いはなくなりましたが,様々な人間模様が繰り広げられてきたことでしょう。正面の坂は「大坂」と言い,地元の人は「おおさが」と(語頭の「お」を高く)呼びます。またその左右(南北)に広がる台地は,明治初期に葛飾県・印旛県の県庁が置かれ,裁判所もあった所です。「千葉県」が誕生するまではこの地域の政治の中心だったわけです。現在では流山市役所や図書館・博物館が座を占めています。(それぞれの施設に行くには坂を上らなくてはなりません。年寄りには正直キツイです!)

2014_1130_095426-DSC06311.jpg

2014_1130_095433-DSC06312.jpg

最初の「横丁」は,江戸川にあった「加村の渡し」(「矢河原(ヤッカラ)の渡し」とも)に通じる小道です。角の「灯り館・彩(いろどり)」のお店は,美濃和紙を使った照明器具のお店です。最近〝ユネスコの登録無形文化遺産〟になったことから,多くの人が訪れています。近藤勇が土方歳三と永遠の別れをした時,板橋へ向かった道という説があります。道の奥にこんもりした高い場所が見えますが,それが江戸川土手です。明治初期にはこの位置から江戸川の水が見えたかもしれません。
独断と偏見でこの小路に名前を付けます・・・〝ヤッカラ横丁〟・・・街で聞いても誰も知りません。私が今命名したのですから。

2014_1130_095225-DSC06307.jpg

2014_1130_095248-DSC06308.jpg

スポンサーサイト
  1. 2014/12/02(火) 06:33:33|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見:横丁 | ホーム | 流山発見;三本松古墳再々訪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/634-6acd38e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。