写真でつづる流山の道 流山発見;看板

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

流山発見;看板

道歩きで見つけた風景。いろいろなことを考えさせてくれる看板や掲示です。
これは、昭和レトロともいえる「ホーロー看板」です。「加村岸(かむらぎし)」という古い地名を示しています。現在では「加6丁目」です。「加(か)」という、漢字1字の地名も珍しいですね。ここは江戸川に近い、船荷の積み下ろしで賑わった「加村河岸(かむらがし)」という河岸(かし)(=川の港)のあった所。200mほど東は台地になっていて、「加台(かだい)」または「加村台」といいます。「加台郵便局」とバス停の画像も添えましたが、小さくて見にくいですね。でも未だに残っている地名です。

2014_1106_100221-DSC01398z.jpg
2012_0320_093339-DSC06887.jpg
流山市のほぼ中央、おおたかの森駅近くで見かけた、「タヌキ・きじ 横断します」の看板です。そしてその実際のキジの画像です。とっさにカメラを向けたので、これが精一杯でした。タヌキにはまだ出会っていません。このように自然が豊かな流山です。人間様がイバルことなく、先住の動物たち植物たちと一緒に暮らしたいですね。今、このあたりは区画整理・造成工事・新しい道路建設,そしてマンションやビル建設などで,大変な騒ぎです。新しく「小学校と中学校の併設校」が開校するのも最近では珍しいのではないでしょうか。
2014_1118_083128-DSC01551z.jpg
2012_0330_095743-DSC07169.jpg
つくばエクスプレス線が思井の丘陵地を抜ける所、トンネルの出入り口にこんなペイントがあります。NPESってなんでしょうか?つくばエクスプレス、通称TX(ティーエックス)の正式名称は「首都圏新都市鉄道株式会社」英語名は「Metropolitan Intercity Railway Company」で略称はMIRです。トンネルの名前にしては、ずいぶん乱暴な書き方になっています。なんでしょう?まさか、街で見かける〝らくがき〟でしょうか?
2014_1118_094833-DSC01589z.jpg
頭を使った後ですが、外国語はいかがですか。私個人的には”NO”で始まる警告の英語表現がわかりやすいです。日本語では警告が文の最後に来ますね。最後まで読まないと、何を告げたいのかわかりにくいですね。その点、英語では、『とりあえずNOなんだよ!つまり...』と進んでいきます。日本語では『○☓□△いろいろありますが、何を言わんとするかと言うとですね、NOなんですよ。』となります。『禁止。販売・設置・配布』っていうのはどうでしょうか。わかりやすい?!残念ながら韓国語と中国語はわかりません。
2014_0922_103933-DSC00888z.jpg

スポンサーサイト
  1. 2015/04/01(水) 06:34:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流山発見;行灯増えました! | ホーム | 流山発見:飛地山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/654-f86450c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)