写真でつづる流山の道 流山橋二代

写真でつづる流山の道

流山市内の道をすべて歩きました。道すがら目にしたものを写真で紹介します。流山市限定ですが、他の場所に共通するテーマもあるでしょう。あなたの地元を歩いてみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流山橋二代

 JR武蔵野線と並行している流山橋。江戸川をまたぐ主要地方道草加流山線が通る。この橋の上流には、三郷方面から来ると左手に、水面に点々と飛び石のようなものが見える。全部で5つ。これは「旧流山橋」の橋脚の土台です。昭和10年に完成し、昭和40年に現在の橋が架けられるまで利用された橋です。昭和40年以降は歩行者と自転車専用橋として使われ、新しい橋は自動車専用でした。そして新しい橋の脇に現在の歩行者専用の橋ができて、古い方は取り壊されたというわけです。
 この場所は、昭和10年までは「丹後の渡し」という渡し場でした。江戸川では現在「矢切りの渡し」が観光的に営業しています。昔を体感したいなら、この「矢切りの渡し」(葛飾区柴又・・・松戸市下矢切)がおススメです。
 今日ご紹介する画像は、この橋脚が昔を語ってくれていることを再認識するヨスガとなればと思い、お見せします。こんなものをわざわざブログで見せなくてもいいのに...と思わずに、『過去を記録して将来につなげる』気持ちをご理解ください。
2011_0615_094007-DSC03360.jpg
突き当たりの流山橋まですぐそこ・・・この長さだと3分では無理でしょうね。流山市流山寺(りゅうさんじ)近く。
2016_0105_073720-DSC07482.jpg
朝7:37の江戸川。車から撮影。5つの台石が朝もやに霞んでいる。
2016_0207_092254-DSC06186.jpg
流山側から見た土台石。
2016_0207_092452-DSC06192.jpg
一部は崩れています。
2016_0315_123155-DSC06559.jpg
遠景は流山市。(車から撮影)
2016_0316_091858-DSC06616.jpg
魚の顔に見えますね。
2016_0316_091910-DSC06617.jpg
イヤ、潜水艦かな。
2016_0316_092743-DSC06623.jpg
現在の流山橋。右側が車専用、左側が歩行者自転車用。
2016_0316_094445-DSC06641.jpg
三郷側の風景。河口から27.25km。少し左手に行くと27.4km地点です。小高い森は「赤城神社」の杜。
2016_0316_094943-DSC06648.jpg
5つそろい踏み。三郷側から望遠で撮影。
2016_0316_095014-DSC06649.jpg
「丹後の渡し跡」24.4km地点。橋脚跡はちょっと見にくいですね。こんもりした森は、流山の地名伝説の場所「赤城神社」のある赤城山。この小山が流れてきたんだって・・・
2016_0316_101223-DSC06691.jpg
ひび割れが気になります。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/12(日) 14:58:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<行灯;こんなところに! | ホーム | 流山の風景>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/06/15(水) 23:19:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagareyamamichi.blog.fc2.com/tb.php/691-266f1369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。